[VBA] 色のついたセルの数値を選んで合計します

色のついたセルの数値を選んで合計します

 選択した範囲内で(白以外の)背景色のついたセルの数値だけ合計するユーザー定義関数を作ってみました。どうってことのない簡単なマクロだけど、それなりに実用的な関数だと思います。

 '色つきセルの数値を合計します

 Function CSUM(xy As Range) As Double

 Dim s As Double
 Dim myrange As Range

 For Each myrange In xy

 '白以外の色で塗られたセルだけ選んで数値を足します
 If myrange.Interior.ColorIndex > 0 Then

  s = s + myrange.Value

 End If

 Next

 CSUM = s

 End Function

 この関数は

=CSUM(セル範囲)

の形で使用します。たとえば下の図のようなシートがあって、セル B2 ~ F5 までの範囲にある黄色で塗られた部分の数値を合計したいときは

=CSUM(B2:F5)

と入力すると合計値を返してくれます。 

 VBA 色のついたセルの数値のみを選んで合計するプロシージャ

 事務処理用のシートなどで、値に加えたいセルにだけ色を塗っておけば、どの部分を合計するシートなのか、とってもわかりやすくなりますよ。ぜひ使ってみてくださいね~。

 ≫ VBA 辞典メニューに戻って他の記事も読んでね~♪

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)