金星会議(根性で金星へ突撃プロジェクト)

夢回廊③ 金星会議

 会議室に居た。背凭れにゆったりと背を預けて部下たちの話し合いに耳を傾ける。
「いいですか。金星というのは想像を絶する過酷な惑星なのです。気温は摂氏400度。大気圧は地球の九十倍。並大抵の計画では人類をそこに送ることなどできないのです。どうかその事を十分に考慮に入れて、当て推量ではなく技術に裏打ちされた明確なプランを出して頂きたい」
 眼鏡を掛けた細身の男が周囲を見回すようにして発言した。
「やはり丈夫な宇宙服を作ることが第一でしょう。全身を鋼鉄で覆ってしまうのです。要するにロボットの中に人が入るのですよ。深海探査ロボットは遥かに高い水圧に耐えてきた実証データがあるのですから」
 丸顔の男が自信ありげに言った。
「気圧は良いとして高温にはどう対処するのかね? 鉄は溶けないかもしれんが中の人間は蒸し焼きだ」
 長身の男が皮肉めいた口調で横槍を入れる。
「ならばサイボーグしかないでしょう。人間そのものを機械化してしまえばいい。近年のサイボーグ技術の発展には目覚しいものがありますからな」
 小柄な男が手を上げて提案する。
「しかしそれは本当に人類と言えるのかね。脳みそしか残っていないような機械人間が任務に相応しいとは思えんね」
 長身の男がせせら笑うように言った。
「教授、今の発言は問題ですぞ! サイボーグ差別だ! 『世界サイボーグの人権を守る会』に提訴すればあなたは今の職を失うでしょうな」
 小柄な男の反論に長身の男は怯んで沈黙してしまう。
「話を元に戻しましょう」
 丸顔の男が手を上げる。
「先程の私の案ですが、もちろん高温への対処法も考慮してあります。私の設計図では隙間なく断熱材を ...... 」
「鋼鉄に加えて分厚い断熱材かね。その重たい機械は果たしてまともに動けるのですか」
 丸顔が言い終わらないうちに長身が口を挟んだ。
「そもそも着陸船の構造はどうするのです? まず無事に地表に降り立たねば話にならない」
 四角い顔の男が言った。
「それはあなたの仕事だ。なんとかしなさい」
 丸顔がにべもない返事をする。
「無理ですよ! 馬鹿馬鹿しくて設計図を書く気にもなれない。そもそも、こんなあほらしい計画に実現性などあるはずもないんだ!」
「我が国の威信を賭けた計画をあほらしいとは、これまた問題発言ですな! 火星と水星、それに土星や木星の衛星など、主たる天体の初踏査は全て他の国に栄誉を譲ってしまった。もはや残されたのは金星しかないのです。これは国家の至上命令なのですよ」
 小太りな男がいきり立つ。唯一この男だけが科学者ではない。役人なのだ。
「金星が残っていて当然だ。まともな頭を持った政治家なら、そんな所へ人を送ろうなどとは思わんよ」
 四角い顔が小ばかにしたように言い捨てる。
「国家侮辱罪だ! 帝国臣民としてあるまじき発言ですぞ!」
 役人は立ち上がって四角い顔に詰め寄ろうとするが、皆に押さえられ宥められる。
 私は両手で机を叩いた。ここは計画統括本部長として威厳を示さねばなるまい。
 突然響き渡った大きな音に、誰もが驚いてこちらを振り向く。
「君たちには志がない!」
 私は叫んだ。
「これは国家の挑戦ではない。人類の挑戦なのだ! かつて誰も足を踏み入れたことのない場所へ初めてその足跡を残す、という偉大な機会に恵まれたことを感謝すべきなのだ。気圧がどうの、気温がどうの、そんな事はどうでもよろしい! 要は気合と根性なのだ! 根性があれば、どんな暑さにも耐えられる! 根性があれば、どんな重たい気圧にも耐えられる! 宇宙服など必要ない! そうではないか? 私は『金星探査プロジェクト』という計画名を変更したい。そう、敢えて名付けるなら、『根性で金星へ突撃プロジェクト』だ! 素晴らしいだろう。どうか皆、心機一転、高い志を持ってこの計画に取り組んでもらいたい!」
 私が一息に語り終えて辺りを見回すと、会議室はしーんと静まり返っていた。
 おそらく私の演説に感銘を受けたに違いない。
 なにしろ喋った私本人が感動して涙を流しているほどなのだから。
「ああ、その、なんですな。この計画は今一度見直してみるよう皇帝陛下に進言したほうが良いかもしれん。教授、先程は失礼した。謝罪させてもらおう」
 役人は急に平静な顔になって、四角い顔に軽く頭を下げる。
「いや。私のほうこそ失礼した。もっと他に言い様があったのに」
 四角い顔が応じて、机の上の書類を鞄に詰めてゆく。
 見れば、誰もが帰り支度を始めているではないか。いったい、どうしたことなのか?
 私が呆然として声をかける間もなく、一人また一人と部屋を出て行き、私は唯一人、広い会議室にぽつねんと残されていたのである。

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)