レンタルサーバーと契約するときはデータ転送量制限に注意です!

 レンタルサーバーと契約するとき に「ディスク容量はどれくらいあるのかなー」とチェックしても、 データ転送量制限 にはあまり気を止めなかったりするかもしれません。

 でもどちらかというと、この 転送量制限 のほうが大事なのです!
 とくにサイト運営が上手くいって「アクセスがんがん集めてるよー」という人ほど、この転送量制限に注意しなくてはなりません。

 まずは「 データ転送量制限 とは何ぞや?」ということを簡単に説明しますね。
 

データ転送量制限

 たとえばあるレンタルサーバーさんが「10 GB / 日」という転送量制限をかけていると仮定します。これは読んで字の如く「1日に 10 GB までの転送を許可しますよ」ということです。

 サイトの1ページ当たりのデータ量が (文字や画像をひっくるめて) 1 MB だとすると、閲覧者がページを開いた瞬間にサーバーからデータが 転送 されて、1 MB のデータが消費されます。そこからまたサイト内のメニューをクリックして別のページを開いたら、そこでまた 1 MB の消費です。まあそんな感じで1日に 1000 アクセスがあったとすると......

1 MB × 1000 アクセス ≒ 1 GB

のデータ量が消費されることになります。

 1 GB なんて簡単に超えちゃうんですよね。画像をたくさん使っているサイトならページあたりのデータ量はもっと多くなると思うし。 1000 アクセスならまだまだ気にしなくて良いのですが、これが 10000 アクセスになってくると ...... リミットが近づいているということです。もちろん上限値に達したからといっていきなり課金やアカウント停止などのペナルティとなるわけではないけれど、たぶんレンタルサーバー会社さんから
「もうちょっと転送量に余裕のあるプランに乗り換えてくださいな」
というお知らせが届くことになります。それにも関わらず
「高いからやだ!」
と無視を決め込んでいると ...... たぶん大変なことになる ...... よくわかんないけど、通信速度制限がかけられて表示が遅くなったり、「一時的に表示できません」(503 エラー) という状態になったりするかもしれません。で、ここからが KOBATO のコマーシャルなんだけどー(自分で言っちゃってるよ)......

 エックスサーバーさんなら安心ねー!
 月額 1080 円 (1 年契約税込だよ) の X10 プランでも データ転送量は「70 GB/日」 もあるから安心ねー! これだけ余裕があったら月間数十万アクセスあっても全然問題なしねー!
 当サイト『言葉の工房あとりえこばと』もエックスサーバーさんを使って運用されてますよー。そんなわけで、くどいようだけど(ホントにくどい)、エックスサーバーさんをよろしくねー!

 ⇒ レンタルサーバー Xserver

無料ブログの転送量制限は?

 いえね、まだ有料のレンタルサーバーのように転送量制限を明示している場合はチェックを怠らなければ問題ないと思いますけどね、無料ブログについては、そのほとんどが転送量制限について記載していないのです。これネット上にもほとんど情報がないから、こばとも困ってます。「こばとの英語ノート」は 無料ブログで書いてるから、気になるところなのです。とはいっても「英語ノート」はたいしてアクセスないから、別にこんなこと気にする必要ないかもしれませんけどね。

 まあ常識的に考えて「記載されていないから無制限」なんてはずもなく、その上限はレンタルサーバーさんより低く設定されているはずだと疑っているのです。もしそうでなく本当に無制限になんてことしていたら、誰も彼もが画像をたくさん貼りつけた記事をがんがん書いて、サーバーにものすごい負荷がかかちゃって、最悪サーバー自体が「どぼん」してしまうはずですからねー(時々つながらなくなる無料ブログとか本当にあるけどね)。だからあんまりアクセス数の多いブログにはこっそり通信速度制限をかけたりしているんじゃないかと疑ったりしているわけです。このへんの事情に詳しい人がいたら下のコメントで教えてくださいなー。

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください