Excel 関数辞典

Excel関数を使うために

 基本操作 比較演算子基礎編 比較演算子応用編 エラー値の種類
 

Excel 関数辞典メニュー

 数学関数
 

文字列を操作する関数

 CODE, CHAR CONCATENATE LEFT, RIGHT, MID REPT JIS, ASC
 LOWER, UPPER, PROPER
 FIND, SEARCH REPLACE
 LEN, LENB TRIM EXACT
 ROMAN YEN, DOLLAR
 T, FIXED NUMBERSTRING
 

情報関数

 N TYPE PHONETIC INFO
 

Excel 関数の基本

 この下に Excel 関数 を扱うための基本事項をまとめてありますよ♪

数式入力の基本

 セルに数式を入力するときには先頭に半角で「 = 」を添ます。たとえば

=1+3

としっかり入力すると「 4 」という値が表示されます。でも「 = 」を忘れて

1+3

と入力するとそのまま「 1+3 」と表示されます。これは「 1+3 」という文字列として扱われたということです。
 

四則演算

 Excel には四則演算およびべき乗については以下の記号が用意されています。これは関数ではなく算術演算子とよばれるものです。

記号 意味 計算例 表示
  +    足し算 (+)    =3+4   7
  -    引き算 (-)    =10-4   6
  *    掛け算 (×)    =4*5   20
  /    割り算 (÷)    =6/3   2
  ^    べき乗    =2^3   8

 算術演算子を用いると、別々の Excel 関数同士を足したり引いたり、掛けたりすることができます。たとえば

=sqrt(2)+log(5)

と書けば、 2 の平方根と 5 の常用対数を加えた結果が表示されます。

 別々のセル番地に入った数値を演算子でつなぐこともできます。
 セル B2 に「 7 」、 C5 に「 11 」という数値が入っていたとして

=B2+C5

と入力すれば「 18 」というように計算してくれます。

 エクセル別々のセル番地を足す
 

関数入力の基本

 セルに関数を入力する際には必ず先頭に半角で「 = 」と入力し、そのあとに関数名 () と書いて、() の中には必要な引数を入れます。

=関数名(引数1, 引数2, ...)

 たとえばあるセルに

=PRODUCT(3,5)

と入力すると「15」という結果が表示されます。 PRODUCT(数値 1,数値 2) は数値 1 と数値 2 の積を返す関数です。ヘルプなどで

関数名(引数1, 引数2[,引数3])

と説明されている場合、「この関数は [,引数3] は省略できますよ」という意味です。省略した場合にどのような値を返すのかは関数によって違いますので、こばとの Excel 関数辞典を調べてね。

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告