VBA マクロ機能を使うための準備を整えます

 Excel でマクロを使うためには、ちょっとだけ準備が必要ですよ。
 

マクロを有効にします

 エクセルファイルを新規に作成したとき、それは 「.xlsx 」という拡張子のついた「 Excel ブック」となっているはずです。このままの状態ではマクロ機能は使えませんので、「ファイル」 ⇒ 「名前を付けて保存」をクリックし、保存したいフォルダを選んでから、ファイルの種類を「 Excel マクロ有効ブック」として保存します。これで「.xlsm」という拡張子のついたファイルが作成されます。元のファイルとは別に新しいファイル作られるので、元のファイルがいらない場合は捨てておきましょう。
 

マクロ記録でマクロを作成します

 ちょっとした事務作業のためのマクロなら、「マクロ記録」という方法で(プログラムを一切書かずに)マクロを作ることもできます。ここではサンプルとして選択したセルの文字を太字に変えるマクロを作ってみましょう。まずは A1 に何でもいいから文字を入れておきます。そのあと Excel シート上部のリボン(ホーム、挿入タブなどが並んでいるところ)の「開発」、「マクロの記録」を順に選択します。ダイアログボックスが現れるので、「Macro1」となっているマクロ名をとりあえず「太字にする」などのように変えて、「 OK 」ボタンをクリックします。

VBAマクロ記録開始

 この段階でマクロ記録モードに入っています。次にセル A1 を選択して「ホーム」⇒「太字」(B)を押して、文字を太字に変えたら、「開発」タブの「マクロ記録を終了」を押します。別のセルに何か文字を入れて、下に載せた方法のうちのどれでもいいので、出来あがったマクロを実際に試してください。
 

出来あがったマクロを実行します

 作ったマクロを実行する方法は3種類あります。マクロの使用頻度に応じて使い分けてくださいな。
 

①あんまり使わないマクロはこれ

 リボンの「開発」、「マクロ」を順にクリックするとダイアログボックスが現れます。そこから登録してあるマクロを選択して「実行」をクリックします。計 4 クリックですから、普段はほとんど使わないマクロの実行手段と考えたほうが良いでしょう。
 

②基本的にはこの方法でいきましょう

 リボンから「ファイル」、「オプション」、「リボンのユーザー設定」と進みます。真中下のやや右寄りにある「新しいタブ」というボタンをクリックするとリボンに同名のタブが追加されます(もちろん名前は変えられます)。そのあと、左上の「コマンドの選択」のプルダウンからマクロを選んで、目的のマクロをこの新しいタブに登録します。設定がやや面倒ですが、こうするとリボンから「新しいタブ」⇒「(登録した)マクロ」の 2 クリックで実行できるようになります。マクロの基本的な実行方法となります。
 

③いつも "ぽちぽち" するマクロならフォームを作ります

 下図のように、リボンの「開発」⇒「(コントロールの)挿入」を順にクリックし、左上の「ボタン」を選択します。その状態でシートのどこかをクリックするとダイアログ画面が現れて、登録するマクロを選択するように促されるので、目的のマクロを選びます。すると小さなボタンが現れるので、右下隅をドラッグして適当な大きさまで広げておきます。そのあと文字のあるところをクリックして、好きな名前をつけておきます。 1 クリックで素早く実行できますから、先頭行まで戻るマクロなど、かなり頻繁に実行したいマクロを登録しておきましょう。

VBAマクロ実行フォーム

vbaフォーム作り方

 これで準備完了です!
 これから KOBATO と一緒にたくさんのマクロを作っていきましょう!

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください