お家に帰りますよ!

鬼怒川温泉珍道中⑥ お家に帰りますよ!

土曜日の朝。最後の朝ご飯をいただいていますよ。

こばと
 はあ。とうとう帰る日がやってきましたねー。
 こばと、ずっとここに住みつきたいな。鬼怒川妖精になりたいな。
 鬼怒川名物こばとちゃん、なんちゃって。

かばね
 また朝っぱらから馬鹿なこと言って。

こばと
 たのしい旅行が終わってしまうと思うと、ぱくぱくぱく ...... 悲しくて食欲も出ませんねー ...... ぱくぱくぱく。

真理子
 しっかり食べてるじゃない。ご飯3杯もおかわりしてるし。
 こばとちゃんはいいわよ。このあと帰りの車でも後部座席で食べたり、飲んだり、居眠りしてりゃいいんだから。私たちは東京まで運転するのよ。

博和
 運転、面倒くさいよなあ。

真理子
 博和、ジャンケンしようか?

博和
 何で?

真理子
 負けた方が帰路の 3 時間を交代なしで運転するの。

博和
 ...... やめとくよ。昔からジャンケン弱いんだ。
 それ知ってて、そういう話持ちかけるんだから、ひどいよな。

こばと
 姉さんはまた新幹線で帰るの?

かばね
 そうよ。

こばと
 飛行機のほうが便利だと思うけどな。

かばね
 多少手間や時間がかかっても、あんな物に乗らなくてすむなら、それにこしたことはないもの。だいたい、おかしいわよね。あんな鉄の塊が空を飛ぶなんて。

こばと
 ...... 物理学の得意な姉さんの言葉とは思えませんよ。

姉さん、しばしのお別れです

 博和さんが車を旅館の玄関前につけます。
 姉さんとお別れする時がきました。
 いつもそうなんですけど、いざお別れとなると寂しいものですよね。
 やっぱり世界で2羽だけの姉妹ですから ...... と思っていたんですけど .....

かばね
 それじゃ、こばと、風邪をひかないようにね。
 毎日ちゃんと栄養のあるご飯を食べるのよ。
 毎朝毎晩の歯磨きも忘れないようにね。
 仕事は計画的にこつこつ進めるのよ。
 そうしないとマリちゃんに迷惑かかるから ......

こばと
 わかってるよー!
 いつまでも子供扱いしないでー! 

かばね
 とにかく向こうについたらすぐに連絡ちょうだいね。
 マリちゃん、博和君もお元気で。夫婦仲良くね。

真理子
 ええ。本当にありがとうございました。
 この 5 日間、心身ともにリラックスできました。
 これでまた仕事に励むことができます。

博和
 旅行費用もかなり負担してもらって申し訳ないです。

かばね
 いいのよ。お2人に楽しんでもらえれば何より。
 できれば数か月後に、お2人から良い知らせが届くことを願うわ。

こばと
 ???

真理子
 やだ。もう。かばねさんたら。

博和
 こほん。それじゃあ、出発します。
 かばねさんも、お元気で。

かばね
 ええ、ありがとう。また近いうちにお会いしましょう。

お家に帰りますよー

 車は旅館を発ちます。
 こばとは姉さんの姿が見えなくなるまで、後部座席から手を振っていました。

真理子
 こんなにのんびり過ごしたのって何年ぶりかしらね。

博和
 そうだなあ。本当にいい宿だった。
 温泉は広いし、食い物は旨いし。

こばと
 ついに、お家に帰ります~♪
 こばとの冒険、終わります~♪
 さよなら、鬼怒川、また来る日まで~♪

真理子
 また変な歌が始まった。

博和
 渋滞にかからなきゃいいんだけどなあ。

こばと
 マリちゃん、お肌すべすべになりましたねー。

真理子
 ...... 後から首筋ぺたぺた撫でるのやめてちょうだい。

こばと
 3 歳ぐらいお肌が若返ってますよ?

真理子
 何なの!? その微妙な若返り方は!?
 10 年ぶんぐらいは若返ってるわよ!

こばと
 それはマリちゃんの思い過ごしです。

真理子
 頭にくるわね、まったく。

博和
 ははははは。

真理子
 おかしくない!

博和
 ...... はい。すみません。おかしくありません。

こばと
 こばと、おやつ食べていい?

真理子
 ダメって言ったら食べないの?

こばと
 ダメって、言われても~♪ こばと、食べちゃうよ~♪
 ダメって、言われると~♪ 余計に、お腹空く~♪

真理子
 黙って食べて。

博和
 僕にも何かおくれよ。

こばと
 じゃあ、このチョコレートクッキーあげる。

博和
 ありがとう。

真理子
 そんなカロリーの高い物ばかり食べてると、メタボキングになるわよ。

博和
 ...... メタボキングって。

もうすぐお家だけど

こばと
 東京に入りましたねー。もうすぐお家ですねー。

真理子
 こばとちゃん、『あとりえこばと』まで送る?
 それとも今日はこのまま私たちの家に泊まってく?

こばと
 マリちゃんの家に泊まるー。

真理子
 わかった。

博和
 そのまえに、どっか夕飯食べに行こうよ。

真理子
 さっき、パーキングエリアでしっかりお昼を食べたでしょ!?
 家で軽くお茶漬けで済ませりゃじゅうぶんよ。

こばと&博和
 Boo! Boo! Boo!

真理子
 揃ってブーブー、うるさい!
 わかったから! どこの店行くか決めて!

<こばとの鬼怒川温泉珍道中 完>

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください