[Excel] IF関数とAND関数を用いて合否を判定します

 比較演算子の応用編です(基礎編はこちら)。今回は試験の点数によって合否を決定するシートを作りながら比較演算子と論理関数の使い方を学びますよ。
 

IF関数で受験者全員の合否判定を表示します

 前回に学んだ IF関数の記述形式をもう1度書いておきます。

=IF(論理式[,真の場合][,偽の場合])

 [論理式] に比較演算子を用いた数式、それが成り立っている場合と、成り立っていない場合に表示する値を残り2つの引数で指定します。それでは下の図のように 5 人の受験者について C 列に点数を並べて、60 点以上であれば合格、60 点未満であれば不合格を表示させてみます。

 エクセル合否判定シート①

 セル D3 には

=IF(60<=C3,"合格","不合格")

と入力して D7 までオートフィルです。すると受験者全員の合否判定が D 列に並びます。
 

AND関数を組み合わせて条件をみたす合格者を表示します

 次は論理関数ANDを組合わせてみます。AND関数は

=(論理式1,論理式2[,論理式3]...)

のように論理式を並べて、全ての論理式が成立している場合に TRUE(真) を返し、1つでも成立していなければ FALSE(偽) を返します。ANDもまた単独では使い道の少ない関数で、IF関数にネスト(入れ子)することで応用範囲が広がります。それではこのAND関数を使って数学と英語の2科目ともに 60 点以上をとった場合に合格、それ以外を不合格とするシートを作ってみます。

 エクセル合否判定シート②

 C 列と D 列に点数が並んでいます。数学の点 (C3) と英語の点 (D3) がともに 60 点以上であるということを表すには AND関数を使って

=AND(60<=C3,60<=D3)

と記述します。「 60<=C3 」( C3 の値が60 以上) 、「 60<=D3 」( D3 の値が60 以上) という2つの条件を共に満たす場合に TRUE(真) を、どちらかでも満たさない場合に FALSE(偽) という論理値を返します。これを IF関数の [論理式] に入れて、セル E3 には

=IF(AND(60<=C3,60<=D3),"合格","不合格")

と記述して E7 までオートフィルします。するとネストされた AND関数の論理値にしたがって「合格」か「不合格」を返すのです。2科目ともに 60 点以上とっている人だけ「合格」となっていることを確認してください。

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)