INDEX関数で身長と体重データを参照します

身長と体重データを参照します

 「 Excel データベース研究所」の記事です。
 次のような [身長/体重データの一覧表] があったとします。

氏名 身長 [cm] 体重 [kg]
亀田 綾子 156.36 54.05
表田 好造 178.86 78.05
大田原 幸恵 149.88 52.06
信 賢之 170.33 62.97
刈間 賢志 173.09 74.56
占部 春弓 164.82 55.21
浅沼 蒼衣 160.03 49.75
小休 賢次郎 170.21 61.86
池上 心優 150.05 56.04
公門 紀一 178.68 74.47

 このとき、氏名とを指定して該当する身長と体重を参照する ワークシートを作ってみましょう。上の表をコピーしてセル B6 に貼りつけてください。

 ExcelのINDEX関数で身長データを参照します

 セル C2 に氏名を入力したとき(上の例では「刈間 賢志」が入力されています)、該当する身長と体重のデータがセル C3 と C4 に表示されるようにします。セル C3 には INDEX関数と MATCH関数を組合わせて

=INDEX(C7:C16,MATCH(C2,B7:B16,0))

と入力します。刈間賢志さんの身長「 173.09 」が表示されるはずです。少しややこしいのですが、

MATCH(C2,B7:B16,0)

によってセル C2 に入力された氏名が、B2:B16 の氏名一覧の何番目にあるかを得て、INDEX関数によって身長一覧 C7:C16 から対応する行数にあるデータを抜き出しているのです。上の図を見て、引数がどの範囲を参照しているか確認しておいてください。

 同じように体重データも表示させてみましょう。セル C4 には

=INDEX(D7:D16,MATCH(C2,B7:B16))

と入力してください。MATCH関数でセル C2 の氏名が、B2:B16 の氏名一覧の何番目にあるかを調べて、INDEX関数で体重一覧 D7:D16 から対応する行数にあるデータを抜き出します。刈間賢志さんの体重「 74.56 」が表示されるはずです。
 

こばとの身長と体重

 ちなみに、こばとの身長は 23 cm ですよ。とっても小っちゃいけど、御飯をたくさん食べたらもっと伸びるはずです。ここ 900 年ほどは 1 mm も伸びていないけど、そのうちきっと伸びます。姉さんは「これ以上大きくならないわよ」なんてこと言ってますけど、そんなの気にしません。今は姉さんのほうが背が高いけど、そのうち追い抜いて「ぎゃふん」と言わせるつもりです。ちなみに、こばとの体重は ...... そんなこと教えるわけないでしょー! ≫ データベース研究所

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください