[VBA] 行や列の表示/非表示を切り替えるマクロ

 今回は 行や列の表示/非表示を切り替えるマクロ を書いてみましょ~。

行や列の表示/非表示を切り替えるマクロ

 ワークシートの 3 行目の表示/非表示を切り替えるマクロです。
 まずは If ステートメントを使った記述を見てみましょ~。

 3 行目の表示/非表示を切り替えます

 Sub HideShowRow1()

 If Rows(3).Hidden = False Then

  Rows(3).Hidden = True

 Else

  Rows(3).Hidden = False

 End If

 End Sub

 最初に実行すると 3 行目が非表示になって、もう1度実行するとまた表示されます。Hidden プロパティに True が入っているとオブジェクトを非表示状態に、False が入っていると表示状態にするのです。このマクロは Not 演算子を使って次のように書き換えることができますよ。

 3 行目の表示/非表示を切り替えます

 Sub HideShowRow2()

  Rows(3).Hidden = Not Rows(3).Hidden

 End Sub

 Not 演算子は False を True に、True を False に変えてしまう「論理否定演算子」とよばれるものです。現在 3 行目が表示されていたら、

Rows(3).Hidden

には False が入っているはずなので、

Not Rows(3).Hidden

はその反対の True です。これを代入して状態を反転させているのです。ついでに A 列の表示/非表示を切り替えるマクロも載せておきましょ~。

 A 列の表示/非表示を切り替えます

 Sub HideShowRow3()

  Columns("A").Hidden = Not Columns("A").Hidden

 End Sub

 A 列を参照するときは Columns(1) か Columns("A") と書きます。セル番地をアルファベットで指定するときは "" で囲むのを忘れないようにしましょ~。それでは今回はこのへんで~。

 ≫ VBA 辞典メニューに戻って他の記事も読んでほしいな~♪

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)