Excel の RANK.EQ関数で 400m ハードル準決勝の順位をつけます

男子 400m ハードル準決勝の順位をつけます

 次の表は、とある陸上競技会における男子 400m ハードル準決勝の記録です(氏名は架空のものです)。各選手に順位を付けてみましょう。

氏名 記録(秒)
瀬津丸 浩光 52.01
岐城 英泰 50.5
栢森 宏晃 51.1
屋根 幸介 48.96
天良 喜平 52.21
鮎貝 寛章 51.32
小田口 一 52.78
徳能 拡章 50.25
鯨岡 吉実 48.38
能野 嘉彰 51.58
志磨 久仁保 51.37
間遠 啓行 51.54
角屋 元久 49.97
県 喜進 52.81
細字 克浩 50.44
名船 克士 50.57

 コピーしたらセル B2 に貼りつけてくださいなー。
 そして順位を記入する欄を作っておきましょー。

 400mハードル順位シート

 使用するのは RANK.EQ関数 です。RANK関数は

=RANK.EQ(数値,参照範囲,順序)

と入力すると、その [数値] が [参照範囲] の中で何番目にあるかを教えてくれるとっても便利な関数なのです。2007 以前のバージョンであれば RANK関数を使ってくださいな。それでは順位をつけてみましょう。

=RANK.EQ(C3,$C$3:$C$18,1)

と入力します。2つめの引数は C3 から C18 までマウスで選択して [F4] キーを押すと、絶対参照に変換してくれますよ。あとはセル D18 までオートフィルしてくださいなー。

 ワークシートにRANK.EQ関数記入

 じゃじゃーん! ちゃんと 1 位から 16 位まで順位が割り振られましたねー。めでたし、めでたし。あ、そうそう、こばとは陸上競技とか見るの、大好きねー。オリンピックと世界陸上は欠かさず観るし、このまえは日本陸上選手権も観ましたよ。中でも、こばとが好きな競技が 400m ハードルなのです。選手たちが走りながらぴょんぴょん跳ねてるのを見ると楽しいですねー。こばともハードルやってみたくなったなー。
 ≫ こばとの Excel教室

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください