INFO関数 OS バージョンやフォルダのパス名を知ることができます

 INFO関数 を使うと現在使用している OS のバージョンや、今開いているエクセルファイルのフォルダのパス名を調べることができます。 INFO は INFORMATION(情報)の頭文字です。
 

INFO関数

 INFO関数 は求める情報の種類を文字列で指定します。

INFO("文字列")

 文字列を直接指定する場合は「 "" 」(ダブルクォーテーション)で囲まなくてはいけませんけど、セル参照の場合は「 "" 」は必要ありません。たとえば

=INFO("RELEASE")

とすれば、エクセルのバージョン(15.0 など)が返ります。しかしセルA1 に「 RELEASE 」と入力されている場合は

=INFO(A1)

とすれば同じ結果が返ります。他にもいくつか機能を見てみましょう。

INFO("NUMFILE")

と入力すると現在開いているエクセルファイルのシートの数が返ります。

INFO("DIRECTORY")

とすれば、今使用しているエクセルファイルのディレクトリ(カレントディレクトリ)またはフォルダ(カレントフォルダ)が返ります。たとえば、

C:\Users\KOBATO\Documents\

のようなパス名です。

INFO("SYSTEM")

は運用環境を検査します。「 pcdos 」が返れば Windows版エクセル、「 mac 」が返れば Mac版エクセルです。
 

検査の種類と OS/Excelバージョン

 INFO関数の引数として指定できる文字列と、OSバージョン、Excelバージョンの表を載せておきます。

INFO関数の検査種類

検査の種類 得られる情報
DIRECTORY 現在のディレクトリあるいはフォルダのパス
NUMFILE 現在開いているワークシートの数
ORIGIN ウィンドウに表示されている左側のセル参照
OSVERSION 現在使用中の OS のバージョン
RECALC 設定されている再計算モード
RELEASE 使用中の Excelバージョン
SYSTEM 運用環境(Windows/Mac)

INFO("RELEASE") の戻り値と西暦バージョン表記

INFO("RELEASE") 西暦バージョン表記
11.0 Excel 2003
12.0 Excel 2007
14.0 Excel 2010
15.0 Excel 2013

INFO("OSVERSION") の戻り値と一般的バージョン表記

INFO("OSVERSION") の戻り値 一般的バージョン表記
Windows (32-bit) 4.00 Windows 95
Windows (32-bit) 4.10 Windows 98
Windows (32-bit) 4.90 Windows Me
Windows (32-bit) NT 5.00 Windows 2000
Windows (32-bit) NT 5.01 Windows XP
Windows (32-bit) NT 6.00 Windows Vista
Windows (32-bit) NT 6.01 Windows 7
Windows (32-bit) NT 6.02 Windows 8
Windows (32-bit) NT 10.00 Windows 10

 ⇒ エクセル関数辞典メニューページ

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)