可能動詞が生まれた理由

 つい先日、文化庁が「国語に関する世論調査」の結果を発表しましたが、

 • 今年は初日の出が [見られた・見れた]。
 • 早く [出られる・出れる]?

 という 2 つの例文で「見れた」、「出れる」の「ら抜き」を選んだ人の方が少しだけ上回りました。「ら抜き」否定派にとっては抜き差しならない状況になってきましたね。この「ら抜き」云々のおかげで、姉とこばとも喧嘩が絶えません。困ったものです。

 「ら抜き」、「ら抜き」と世間が騒いでおりますが(そんなに騒いでないかもしれないけど)、そもそも「ら抜き言葉」とは何でしょう? 今後少しずつお話しますが、大きく分けて「五段活用以外の動詞から作られる可能動詞」あるいは「五段活用以外の動詞の語尾に、助動詞 "れる" をつける形」という2つの説があります。いずれも現代の文法においては認められない語法です。こばとは「可能動詞化」を支持していますけど、いちおう、2つの説を順に説明していきたいと思います。しばらくは「可能動詞化」という側面からお話します。
 

可能動詞を作りましょう

 最近まで姉が使っていた「読まれる」という言葉は

動詞「読む」 + 準助動詞「れる」

という形になっています。「れる・られる」を助動詞にまとめてしまう場合もありますが、このサイトでは準助動詞として扱っています。「読む」の五段活用を並べてみると(小中学校で習ったことを思い出してくださいな)

 [未然形] 読ま(ない)
 [連用形] 読み(ます)
 [終止形] 読む
 [連体形] 読む(とき)
 [仮定形] 読め(ば)
 [命令形] 読め

 分かりやすいように語尾に続く言葉を添えてあります。このうち一番上にある未然形に準助動詞をくっつけて「読まれる」となります。さて、一方で

読める

という言葉は、これ単独で動詞なのです。つまり「読む」とは別の動詞です(細かく言うと可能動詞という呼び名がついています)。なんと、この言葉自身で下一段活用してしまいますよ! 下に「読める」を活用したものを並べてみます(命令形はありません)。

 [未然形] 読め(ない)
 [連用形] 読め(ます)
 [終止形] 読める
 [連体形] 読める(とき)
 [仮定形] 読めれ(ば)
 

可能動詞が生まれた理由

 可能動詞を作ることの最大の利点は紛らわしさを避けることです。「れる・られる」という準助動詞には、自発・可能・受身・尊敬という 4 つの意味があり、時として混乱を招くことになります。たとえば、

 ・ あのお方はこの字を読まれる。

と言ったとき、

 ・ あのお方はこの字を読むことができる
 ・ あのお方はこの字をお読みになる

のどちらの意なのか判断しづらい場面が出てきてしまいます。おそらくこういった理由から、「可能」の部分だけ分離して「読める」(昔は「読むる」)という動詞を作ったのではないかと推測できます。もちろん現代でも、受け身や尊敬の意味では「読まれる」という言葉を使っていますね。
 

可能動詞で例文です♪

 昔はこばとも「読まれる」と言ってたんですねー。何だか懐かしいので、いくつか例文を作って並べてみました。たまには、こういう昔言葉を交えて話してみるのも風流(?)かもしれません。

 ・姉さん、この字を読まれる?
  (姉さん、この字を読める?)

 ・こばとは妖精なので、自由に空を飛ばれます。
  (こばとは妖精なので、自由に空を飛べます)

 ・こばとは言葉の妖精なので、色々な言葉を話されます。
  (こばとは言葉の妖精なので、色々な言葉を話せます)

 いいですねー。やっぱり昔言葉はふんわりと柔らかいですねー。
 姉が今でもこういう言葉を使いたがる気持ちもわかりますねー。

 次回は可能動詞を作るルールについてのお話です!

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)