鬼怒川温泉に全員集合!

鬼怒川温泉珍道中② 鬼怒川温泉に全員集合!

 かくして、こばとたちは鬼怒川逍遥館に到着しましたよ!
 入口にはすでに姉の姿がありました!
 こばとは飛び出して行って姉に抱きつきます。

こばと
 わーい。姉さん、久しぶりー♪

かばね
 お正月以来ね。相変わらず元気そうで嬉しいわ。

真理子
 かばねさん、お久しぶり。

かばね
 マリちゃんも変わりない?

真理子
 ええ。正月以来、風邪ひとつひかずに仕事に励みました。

かばね
 健康なことは何よりね。
 あ、博和君 ...... は、もうちょっと体重管理が必要かな。

博和
 ははは。また言われてしまった。
 まあともかく、その、お世話になります。

かばね
 いえいえ。こちらこそ。これから 5 日間、よろしくね。

益子千鶴(旅館の女将)
 ようこそお越しくださいました。女将の益子(ましこ)と申します。
 本日はかばね様の大切な御親族、ご友人様方を迎えることになり、私ども一同身を引き締めて、おもてなしに務めてまいります。不手際などがございましたら、どうぞ遠慮なくご指摘ください。それでは、お部屋に御案内しますので、こちらへどうぞ。

 私たちは女将さんに先導されて庭園を通り抜け、離れまで案内されました。

こばと
 ひゃあああ! 豪華ですねー!
 檜の露天風呂までついてますよー。
 費用の大部分を姉さんに負担してもらっているからこその贅沢ですけどねー。

かばね
 大きな声で変なこと叫ばないで。はしたない。

益子千鶴
 この南側の露天風呂に面したほうが「木漏日の間」でございます。それから、こちら、北側が「静の間」です。お荷物などはこちらに置かれて「木漏日の間」でおくつろぎください。それではすぐにお茶の用意をいたしますので。

 私たちは浴衣に着替えて「ゆったりくつろぎモード」に入ります。

真理子
 ちゃんと妖精サイズの浴衣も用意されてる。至れり尽くせりだわ。

こばと
 完璧ですねー。ここは、ちょっとした "つて" がないと、普通の人には予約さえとれない高級旅館ですよー。こばとには姉さんという "つて" があって良かったですねー。愉快ですねー。うははですねー。たまらんですねー。

かばね
 だから、おやめなさいって。

こばと
 成金ごっこだよ?

かばね
 くだらない。

真理子
 くつろぎすぎて完全にタガが外れてるわ。

博和
 あ、そうだ。かばねさん、助教授に昇進されたそうで、おめでとうございます。

かばね
 ありがとう。この分野に入って 28 年目でようやくね。

真理子
 かばねさんみたいに優秀な妖精でも、そんなにかかるなんて、学界も色々たいへんなんですね。

かばね
 せめて研究内容であれこれ言われるならまだいいんだけど、「小さいくせに」なんて言われると、なんかもう呆れて言葉を返す気もなくなってくるわ。

真理子
 小さいって ...... 小学生の悪口レベルだわ。うそみたい。

こばと
 「小さな生き物差別」は許せませんね!
 「小さな生き物の権利を守る会」を結成して抗議しましょう!

かばね
 ...... 旅行の間は、そういう話はやめましょう。
 少し休んだら温泉に浸かるでしょう? このお部屋のお風呂も素敵だけど、この旅館には大きなお風呂がたくさん備えられているから、そちらへ行ってのんびりしましょう。時間帯で男女入れ替え制になっているから、4 泊もしていれば、ゆっくり全ての温泉を楽しめるわよ。

こばと
 わーい! 温泉だ、温泉だー! 早く行こうよー!

真理子
 慌てなくていいの。お茶を飲んでから。
 

露店風呂ですよー

こばと
 ひゃっほう、ですよー!
 ざぶーん、ですよー!
 そんでもって、ぷはあ、ですよー!

かばね
 プールじゃないんだから、飛び込まない!

こばと
 あははは。温泉、あったかいですねー、気持ちいいですねー!
 じゃぶ、じゃぶ、じゃぶ、ですよー!

かばね
 だから、泳がない! 他のお客さんもいるから。

真理子
 何かもうテンション上がっちゃって、わけわかんなくなってるわ。

こばと
 こばとはお湯の妖精ですから、温泉に入ると元気いっぱいになるのです!

真理子
 ...... いつからそんな変てこな妖精になったのよ。

かばね
 ほら、こばと。首までゆっくり浸かって少し落ち着きなさい。

こばと
 はーい。ぶくぶく。

かばね
 10 数えて。

こばと
 ひとーつ、ふたーつ ......

真理子
 姉妹というより、まるで母娘だわ。

かばね
 落ち着いた?

こばと
 ふう。落ち着いたー。いい気持ちー。

真理子
 日頃積み重なった疲れが身体から抜けていくわあ。

こばと
 おばちゃんみたいな口調になってますよ?

真理子
 うるさい。

かばね
 ほら、こばと。ちょっと上がりなさい。背中流してあげるから。

こばと
 はーい。

かばね
 羽根を震わせないで! 水飛沫が散るから!

こばと
 反射運動だもの。仕方ないよ。
 羽根が濡れてると、自然とぱたぱたぱたってなっちゃう。

かばね
 私はならない。

こばと
 ...... 今、なってたよ? ぱたぱたぱたって?
 

豪勢なお食事ですよー

真理子
 博和は、どのお風呂に入ってたの?

博和
 屋形船風呂。浴室全体が屋形船を模してるんだ。
 いやー。面白すぎて、すっかり長湯しちゃったよ。

こばと
 ちょー楽しそう! こばと、明日はそっちに入ろうっと!

矢古宇 奈津(やこう なつ)
 御膳担当の矢古宇と申します。よろしくお願いします。
 食前酒をお持ちしました。柚子酒でございます。

博和
 ほう。これは、なかなか風情な味わいがあるね。

かばね
 本当。いい香り。

こばと
 ぐびぐびぐび。もっとほしいな。

真理子
 食前酒だから、ビールみたいに一気飲みしない。
 少し味わえばそれでいいの。

矢古宇 奈津
 お食事のときのお酒はいかがいたしましょう?

かばね
 日本酒をお願い。

矢古宇 奈津
 かしこまりました。

 目の前には次々と豪勢なお料理が運ばれてきますよー。
 小鉢と前菜に続いて、生湯波(なまゆば)や岩魚のたたき、那須鶏鍋ときましたかー。

こばと
 最高ですねー! 美味しいですねー!
 もっと、どんどん持ってこーい、ですよー!

かばね
 だから、おやめなさいって。
 どっかの成金社長じゃあるまいし ...... て、本当に社長だった ......

こばと
 あははは。姉さん、そのギャグは一級品ですねー。

かばね
 冗談なんて言ってない。真面目な話、私はここの女将さんと顔なじみなんだから、恥ずかしい真似しないでちょうだい。どういう躾をしているのかって思われるでしょ?

 ちょうどそのとき「失礼します」という声があって、襖がすっと開き、正座した千鶴さんの姿が現れました。

益子千鶴
 くすくす。お料理はお口に合いますでしょうか?

かばね
 あ、聞いてました? いやだ。恥ずかしいわ。

益子千鶴
 いえいえ、本当に楽しい妹様です。
 かばね様とはまたひと味ちがうと申しましょうか、型にはまらない華やぎがありますわ。

こばと
 わーい。褒められましたよー♪

かばね
 ...... できれば、もう少し型にはまってほしいけど。

真理子
 お料理、どれも本当に美味しいです。

益子千鶴
 ありがとうございます。まだ手もみうどんや天麩羅なども用意しますので、楽しいお話で少し箸を休めながら、ゆっくりとお召し上がりください。

こばと
 まだまだ、あるんですねー。
 食べきれるかなー ...... なーんて心配は無用です!
 残さず全部平らげちゃいますから! 妖精の胃袋はとっても頑丈なのです!

益子千鶴
 くすくす。はい。それではごゆるりと。くすくす。失礼いたします。

かばね
 こばと、いい加減にしてくれないかしら?

こばと
 姉さん、堅いなー。
 旅行に来たときぐらい、もっとはめを外さないと休養できないよ?

かばね
 あなたは普段だって、はめを外しまくって生きてるでしょう?

博和
 お、今度は塩焼きがきた。これもまた良い具合に酒に合うなあ。

かばね
 明日の予定は何か考えてあるの?

こばと
 Rafting(ラフティング)!
 こばと、渓流下りがやりたいっ!

博和
 え? 渓流下り?
 僕、そういうのはちょっと苦手だなあ。

真理子
 いいね。面白そうだわ。
 博和もこれだけ食べたんだから、少しは運動したほうがいいよ。

かばね
 そうねえ。やっぱり、ちょっとねえ。

博和
 僕のお腹を眺めながら、そうしみじみと言われてもなあ。

こばと
 決まり! 明日はラフティング!

<明日に続きます!>

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)