キリタの高級ボールペンで美しい文字を綴りましょう

こばとの筆記具事情とペン工房キリタさんとの出会い

 こばとは物書きですから仕事にボールペンは欠かせません。
 でも、こばとはとっても小さな生き物ですから、人間サイズのペンを持つことはできません。少し前まで(昭和の終わり頃まで)竹ペンにインクをつけて原稿を書いていたくらいです。いえ、冗談ではなく本当に。「不便だな。こばとサイズのペンが欲しいな」と思っていたところ、ペン工房キリタ(桐平工業)さんのことを知りました。

 名入れ無料!真鍮製高級ボールペンの【ペン工房キリタ】

超老舗会社です

 キリタさんの名前はあまり世に知られていませんが、実は長い間大手の文具メーカーさんに筆記具を提供してきた超老舗会社(昭和 22 年創業)なのです。だから日本中の皆さんは知らず知らずのうちにキリタさんの筆記具を使っているはずです。
 もちろん、その技術の高さは折り紙つきです。こばとは半信半疑で「こんなに小さなボールペンを作れますか?」と尋ねてみたところ、担当の社員さんはは「できます」と即答。ひと月後には針のように小さな 12 本のボールペンが送られてきました。もちろん特注ですからかなりの代金をお支払いしましたけど、金額に見合うだけの価値はありました。今でも年に1度はキリタさんのところから筆記具を補充しています。

重量感で美しい字を

 キリタさんの真鍮製高級ボールペンを手に持つと、ずっしりとした重量感があります。
 美しく丁寧な字を書くときは、まさにこの重量感がとても大切で、筆圧をかけなくてもペン自体の持つ重みで字を書くことができるのです。

雑談の糸口に

 皆さんもキリタさんのボールペンや万年筆を使ってみませんか? 色々と目を惹くユニークなデザインの物も多いので、取引先でさりげなくメモをとったりすると、「おや、それは珍しいペンですね?」などと雑談のきっかけになり、その後の商談もスムーズに進んだりするかもしれませんよ?

贈り物として最適!

 また高級ペンは贈物(ギフト)として最適です!
 「今度、姪が高校に入学したんだけど何を贈ろうかな」と迷われているかたは、ぜひキリタさんのペンをよろしくです!
 

言葉の雑学 OEM とは何のこと?

 ペン工房キリタ(桐平工業)さんはずっと昔から大手文具メーカーさんに OEM 製品を供給してきました。でもこの OEM とはどういう意味でしょうか?
 OEM は Original Equipment Manufacturer の略です。元々は「自社製品を造る製造業者」のことですが、現代では「委託者ブランド名製造」とか「委託者商標による受託製造」という意味もあります。 キリタさんの OEM は後者です。え? やっぱり分かりにくい? つまり「納入先のメーカーさんのブランド名で売るための製品を提供する会社」ということです。
 しかしインターネットの時代が到来し、こうした大手の企業を介さなくても自社で造った製品をネット販売で直接消費者の皆さんに届けることができるようになったわけです。そのぶん代金も安くなっているのですから、皆さんもどこかのお店でキリタ製のペンを買うぐらいなら、ぜひネット注文でキリタさんから直接お買い求めくださいな。

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)