Google AdSense 対応の ads.txt ファイルを作ってみたよ

ads.txt ファイル?

「今日もアドセンス~♪ 明日もアドセンス~♪」
みたいに呑気に収益を確認しようとしたら上のほうに真赤なフレームに囲まれた文字で
「 サイトに KOBATO さんの ID が含まれていない ads.txt ファイル があるので早急に何とかしなさい」
みたいな警告文がありましたよー!
「ひゃあああ! こばとは何も悪いことしてませんよー!」
 こばとはあまりに動転して、その場でくるくる回ってしまいましたよ。
 さらに、念を押すようにメールまでえ送られてきて、
「今後は ads.txt ファイル のないサイトには 広告を配信しない からね」
みたいなことが書いてありましたよー! 
「そんなの、やだ!」
 こばとは泣きそうな声で叫びました。もしかすると Goolge さんは
「小さい妖精なんかにサイトを運営する資格はない」
というマイノリティに厳しい方針を打ち出したのかと勘ぐってしまいましたよー(被害妄想)。でも落ち着いて説明をみると、ads.txt というのはアドセンスの広告主さんたちに
「これが KOBATO のアカウントID ですよー」
てことをきちんと知らせて、悪い奴の企みで偽物広告枠が勝手に表示されてしまうのを防ぐためのものらしいです。そんな悪いやつらに広告収入が流れてしまうのは運営者側にとっても不愉快このうえないことですから、やっぱり設置しておいたほうがよさそうです。ファイルに書き込む内容は

 google.com, pub-○○○○○○○○○, DIRECT, f08c47fec0942fa0

というものです。○○○○○○○○○ のところにアカウント ID を入れるのですが、それも含めてメールに記載されているはずなので、特に何も考えなくても、それをぺたっと貼りつければいいのです。設置場所はルートドメインです。つまり

 ○○○.com

ていうサイトの場合は、

 ○○○.com/ads.txt

という場所に置けばいいのです。
 

WordPress に ads.txt ファイルを設置します

 こばとは xserver を使っているので、xserver のログイン画面に行って、ファイルマネージャにログインしましたよ。

 xserverファイルマネージャログイン画面

 左側にファイルが並んでいるので、自分のサイトを選びます。

 xserver サイト選択

 次はその中にある public html を選びます。

 xserver publec html

 下の図のように テキストボックスに ads.txt と書いて [ファイル作成] ボタンをクリックします。

 ads.txtファイルの作成

 [ファイル名の文字コード] については ...... 何がいいのか、こばとにもよくわかりません。推奨は UTF-8 らしいですが、要はクロールに読み込んでもらえればいいので、何でもいいような気がします。ここはあとでも簡単に変えられます。まあとにかく ads.txt というファイルが追加されるので、チェックを入れて [編集] ボタンを押しましょ~。

 ads.txtファイルの編集

 メールに記載されていた内容を貼りつけて、[編集] ボタンを押して終了です!

 ads.txtファイルの内容書き込み

 これで安心ね~♪ 
 今日もアドセンス~♪ 明日もアドセンス~♪
 たくさん記事書こう~♪
 だから、アドセンス~♪ やっぱりアドセンス~♪
 (『今日も明日も AdSense 』 作詞作曲 KOBATO )
 

無料ブログはどうなるの?

 て、ちっとも安心できませんよー!
 こばとは FC2 で こばとの英語ノート というブログを運営しているんですよー!
 無料ブログのファイルなんて操作できませんよー! ていうか、
「 KOBATO さんの ID が含まれていない ads.txt ファイルがあるよ」
ていう警告は、こういう無料ブログのこと言ってるんだと思いますよー!

 ...... どうしようもないですよ。待つしかないですよ。いやんなっちゃうな、もう。

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)