九重谷さんが『0歳からの英会話』を貸してくれました

 日曜日の昼食後に、姉とこばとは、ひさふみ君に話しかけていましたよ。

九重谷さんが『0歳からの英会話』を貸してくれました

こばと
 ひさ君は、こばとお姉ちゃんと、かばねおばちゃん、どっちが好きかなー?

ひさふみ
 あぶ、あぶ。

かばね
 ちょっと! どうしてこばとは「お姉ちゃん」で、私は「おばちゃん」なのよ?

こばと
 こばとのほうが若いから。

かばね
 若いたって、30歳も違わないわよ。

こばと
 そんな細かいこと気にしないでくださいなー。

かばね
 細かくないわよ!

真理子
 ...... 人間だったら30歳も違えば親子だけどね。
 ...... 妖精の時間感覚にはいまだに慣れないわ。 

ひさふみ
 あば、あば。

こばと
 ひさ君、笑ってますねー。

真理子
 こばとちゃんとかばねさんの掛け合い漫才が面白かったんじゃない?

かばね
 漫才なんてしてません!

こばと
 こばとちゃんダンスも踊ってあげましょー。
 こばとちゃんダンス♪ こばとちゃんダンス♪
 こばとちゃんダンスで、笑ってねー♪

ひさふみ
 あば、あば、あば。

かばね
 笑ってるわ。

こばと
 ひさ君は、こばとちゃんダンスがお気に入りなのねー。

博和
 そうそう、忘れてた。
 このまえ九重谷(くのたに)君が CD を貸してくれたんだ。

真理子
 何それ? 

博和
 『0歳からの英会話』だ。まだ言葉を話す前から、耳を英語に慣らしておくと、将来絶対にバイリンガルになるそうだよ。試してみようよ。

こばと
 なんだか、うさんくさいですねー。

博和
 そんなことないよ!

かばね
 いくら何でも0歳は早すぎるんじゃないかしら。赤ん坊の頃は母国語だけで話しかけたほうが良いという説もあるわよ。

博和
 そうかなあ。

真理子
 九重谷さんとこの息子さん、もう7歳になるわよね?

博和
 そうだよ。

真理子
 英語を話せるの?

博和
 え? いや、どうだったかなあ?
 九重谷君とこ遊びに行った時も、話したところを見たことはないなあ。

真理子
 さーて。お皿洗わなくちゃ。忙しい、忙しい。

博和
 おい、そりゃないだろー。
 せっかく、九重谷君がさー。

かばね
 ところで、九重谷さんて、どなた?

こばと
 博和さんの職場のお友達。前にもダイエットサプリメントとか勧めてきた。他にも『最強速読術』とか、『天才児にするための胎教術』とかも借りてたよ。

こばと
 で、九重谷さんは速読できるようになりましたか?

博和
 あー、いや、そうでもないなあ。

こばと
 九重谷さんの息子さんは天才になりましたか?

博和
 あー、去年、小学校に入学したんだけど、勉強は嫌いだって言ってたなあ。入学祝いにさ、子供向けの国語辞書あげたんだけど、あからさまに「こんなの欲しくない」て顔してたよ。はははは。

かばね
 ...... 博和君、その九重谷さんという方とお付き合いするのはよしなさい。

博和
 ...... そんな無茶な。小学校じゃあるまいし。
 ...... そういえば、子供の頃もかばねさんに「あんな子と遊んじゃいけません」とかよく言われたよなあ。

かばね
 あら、だって、都丸(とまる)君は、あまりに乱暴で自分勝手なことばかりする子だったんですもの。

博和
 な、名前まで覚えてるんですか ......

こばと
 妖精の時間感覚では「ついこの前」みたいなものですからねー。

 ≫ こばと日記ホーム

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください