[VBA] LCase関数と UCase関数で大文字と小文字を変換します

LCase関数/UCase関数

 LCase関数アルファベットの大文字を小文字に変換 し、UCase関数アルファベットの小文字を大文字に変換 しますよ~。簡単なマクロで確認してみましょ~。

 '大文字から小文字変換

 Sub LargeToSmall()

 Dim myword1 As String
 Dim myword2 As String

 myword1 = "KOBATO"

 myword2 = LCase(myword1)

 Debug.Print myword2

 End Sub

 '小文字から大文字に変換

 Sub SmallToLarge()

 Dim myword1 As String
 Dim myword2 As String

 myword1 = "kobato"

 myword2 = UCase(myword1)

 Debug.Print myword2

 End Sub

 LargeToSmallマクロを実行すると、myword1 という変数に入っている KOBATO という大文字を小文字に変えて kobato と表示されますよ。SmallToLarge はその逆に、myword1 という変数に入っている kobato という小文字を大文字に変換して KOBATO と表示されます。
 

選択したセル範囲のマクロを全て大文字に変えます

 LCase関数と UCase関数は引数にセルを指定することもできますが、指定できるのはひとつのセルだけです。セル範囲を指定することはできません。そこで、選択したセルに入力されているアルファベットを全て大文字に変えるには、次のようなマクロを書きます。

 '選択したセル範囲のアルファベットを大文字に変えます

 Sub LargeWord()

 Dim myrange As Range

 For Each myrange In Selection

  myrange.Value = UCase(myrange)

 Next

 End Sub

 オブジェクト型変数を使っているところがポイントね~。
 変数 myrange にはセルがそのまま入ります。

 For Each myrange In Selection

  myrange.Value = UCase(myrange)

 Next

という記述は、選択した範囲内の1つ1つのセルを順に変数 myrange に入れて大文字に変えるという処理を行なわせるものです。For...Each は本当に便利ね~。まあとにかく、下の図のように大文字と小文字の入り混じったデータをまとめて選択してマクロを実行してみてくださいな~。

 VBAのLCase関数とUCase関数(大文字と小文字)

 こんなふうに全部大文字に変わりますよ~。
 めでたし、めでたしね~。
 それではまた次回お会いしましょ~。 ≫ VBA の技術

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください