三国温泉に到着しました! 露天風呂に浸かりましょー

 ≪ 第1話「旅は駅弁で始まるのです」

越前の旅② 三国温泉です!

こばと
 金沢で JR 北陸本線に乗り換えて60分、ついに芦原温泉駅に到着しましたよー!

小夜子
 その唐突なナレーション喋りをやめてくれないかな。

こばと
 ブログに書くとき、ナレーション部分は黄色で網掛けするんで、ちょっと面倒くさいのです。だからなるべく、その時々で解説しておこうと思って。

沙希
 ...... そういう裏方話はしなくていい。

温泉と海の幸

こばと
 さあ、そこからしばらく歩いて、こばとたちの泊まる旅館に到着しましたよー!
 いいですねー! 海の波にどぼーんと洗われる感じが実にいいですねー!

 三国温泉の料理旅館望洋楼
 料理旅館望洋楼 (Mikuni-fukui Ryokan BOYORO) / PYONKO

時雨
 早くチェックインしましょう!

こばと
 というわけでチェックインしてお部屋に案内されましたよー。
 ひゃああ! 素晴らしい眺めですねー! 日本海が一望できますねー!
 これぞ、オーシャンビューですねー!

玉邑慶子(たまむら けいこ)
 お食事は19時頃でよろしいですか?

かばね
 ええ。お願い。

玉邑慶子
 かしこまりました。
 どうぞ、ゆったりとくつろいでください。

小夜子
 寝る時の部屋割りしよう。
 部屋はこの「なぎさ」と隣の「おきのしま」を取ってるの。

小春
 こはるは沙希ちゃんと一緒がいいなー。

路子
 そしたら、さっちゃんと私、それから時雨ちゃんが隣で寝よう。

時雨
 寝る前に枕投げしましょうね!

小夜子
 ...... 小学生じゃないんだからさ。

こばと
 食事の前に皆で露天風呂に入りましょー!

 最上階にある露天風呂からは、これまた日本海が一望できるのです!
 とんでもなくビューティフルな景色ですよ!

こばと
 夕陽が水平線に沈んでいきますよー!

時雨
 とっても綺麗です! 感動です!

小夜子
 ふう。長旅の疲れが癒されるね。

路子
 ...... さっちゃん、まだ若いんだからさ。

沙希
 小春、湯船では泳がない!

小春
 沙希ちゃん、背中流しっこしよー。

 露天風呂でゆるゆる~になったあとは、いよいよお食事ですよー♪
 これが一番の楽しみねー♪

こばと
 ではまず、お酒からぐいっといきましょうかねー。
 ぐびぐびぐびっと。ぷはー、ですねー。
 ひと風呂浴びたあとの一杯はたまらんですねー。

かばね
 ...... 社員旅行のおじさんみたいな言い方およしなさい。

小春
 こはるも一杯だけいただくねー。

時雨
 め! 小春ちゃんはまだ未成年でしょ!

小春
 おこられたー。

小夜子
 隙あらば飲もうとするわね、この子は。
 将来かなりの酒飲みになりそうな気がする。

こばと
 それでは、お刺身をいただきましょうかねー。ぱく。
 こりゃまた、いけますねー♪ 新鮮ですねー♪

かばね
 ...... だから、その口調をやめなさい。

こばと
 おや。越前ガニはありませんね。

かばね
 旬をとっくに過ぎてるもの。

時雨
 でも海の幸がいっぱいあります!
 こんなに食べ切れません!

小夜子
 時雨ちゃんなら絶対に食べ切ると思うけどね。

時雨ちゃんの主張

 美味しいお料理をたらふく食べて、こばとはほろ酔い気分でゆったり、ゆるゆるしたかったのですけど ......

時雨
 小夜子先輩は寂しい人です!

小夜子
 酔ったわね。

時雨
 酔ってません。酔っ払うまでは酔いません。

こばと
 ...... 何言ってるんですか?

路子
 ...... この子、相当に飲んでたからね。

時雨
 路子先輩が卒業してから、小夜子先輩は誰も友達いなくて、毎日心の中で泣いているんですよ。

小夜子
 泣いてないけど。

時雨
 例の五十木(いかるぎ)教授事件のことがあるから、研究室では担当教授にいじめられる毎日です。そうに決まってます!

小夜子
 国府田(くにふだ)教授は人格者だから、そういうことはしない。
 勝手に人の担当教授まで悪く言うのはやめてくれないかな。

時雨
 とにかく小夜子先輩は寂しい人なんです!

小夜子
 ...... 酔っ払いの戯言とは思っても頭にくるわね。

かばね
 ...... そろそろ寝ましょう。

路子
 ...... そうですね。

 ≫ 第3話「東尋坊」に続きますよー

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください