人名漢字と名前の辞典

人名漢字と名前の辞典メニュー

【茜】 【緋/朱】 【明】 【朝】 【梓】 【教/訓】 【生】 【時】 【公】 【司】 【成】 【巨】 【史】 【矢】
 

名前に使用できる漢字は法律で定められています

 お子さんが生まれたとき、親御さんは幸せな人生を歩んでほしいと切に願って良い名前を授けようとされると思います。しかしどんなに素晴らしい名前であっても、好き勝手な漢字を届け出て良いというわけではありません。名前に使用できる文字は法律(戸籍法)できちんと定められていて、それ以外の字を書いて出生届を出すと「ダメ!」と突き返されます。大事な戸籍に関わることですから審査はとても厳しく、ほぼ 100 % 引っかかると思って間違いないですよ。

 このように、漢字そのものについては明確な規定があるのですけど、読み方については役所によって審査がまちまちで、地域によってはそれほど厳しくないところもあるようです。しかしそうはいっても、やはりせっかく考えた名前が突き返されたりしても何だか気分が悪いですから、どの漢字が使えて、どういう読みができるのかをご自身でしっかり事前審査してから届け出たいものですね。また、小説などの創作人物の名前であっても、作品のリアリティを重視するなら、きちんと使える漢字と読みを当てておきたいところです。
 

読み方は豊富に用意されています

 名前に使える漢字は普段見慣れている平易な常用漢字と、それ以外の人名用漢字の 2 種類あります。また通常の音訓読みとは別に「名のり読み」というものが認められているのが特徴です。

 たとえば「正太郎」の「正」という字であれば、良く知られた音読みの「せい、しょう」、訓読みの「ただ、まさ」といった読み方の他に、名のり読みとして

あき、あきら、おさ、かみ、きみ、さだ、たか、つら、なお、のぶ、よし

といった読みを選択できます。「正」の一文字でこれほどの読みが選べるわけですから、我が国における名前の選択肢はかなり広いのです。なのでお子さんの名前をつけるにせよ、創作人物用の名前にせよ、十分に創造性を生かせるのです。

 ただ、この「名のり読み」は慣習的で曖昧なところがありますから、辞書によって1部が違っていたりもします。一般的な辞書で読みが確認できれば役所ではほぼ受理されますが、あまり世間に知られていない読み方をつけるのも考えものです。実在のお子さんの名づけはもちろん将来のことを見据えなくてはなりませんし、創作の場合であっても、ルビをふらないと読者が読めないということになってしまいますからね。このコーナーの記事でも「なるべく読みやすい字」で名前を作るように心がけています(1部に例外もあります)。
 

Excel のソフトで名前を生成しています

 こばとの作った "KOBATO's BOOK" は文章作成用ソフトですが、その中には "Profile Editor" という単独でも機能する架空人物生成ソフトが組み込まれていて、名前も自動生成してくれます。当コーナー「人名漢字と名前の辞典」の各記事には、テーマとなる漢字ごとに、ソフトが生成したリストから面白そうな名前をピックアップして載せてあります。ぜひ名づけや創作の参考にしてください。

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告