氏名を入力して会員番号を確認します

氏名を入力して会員番号を確認しましょう

 こばとの「 Excel データベース研究所」の記事ですよ。下の表のように、会員番号が 1 から連続する名簿があったとします(氏名の欄は所々に空白があってもかまいません)。

会員番号 氏名 性別
01 岩浅 輝融
02 貞閑 近雄
03 徳久 遥菜
04 工藤 ようこ
05 和久井 桃華
06 五十嵐 志歩
07 小越 栄幸
08 能 貴春
09 残間 惟忠
10 馬田 恵美子

 このとき、氏名を入力して会員番号を確認できるようなワークシート を作ってみます。表をコピーしてセル B5 に貼りつけてくださいな。え? どうしてそんなに下の方に貼りつけるかって? それは下の図を見てもらえればわかりますよ。

 Excel氏名と会員番号の表を貼りつける

 セル C2 はユーザーさんが氏名を入力する欄です。とりあえず「小越 栄幸」と入力しておきましょう(表にある名前なら何でもいいですよ)。そしてセル C3 に

=MATCH(C2,C6:C15,0)

と入力すると「 7 」という数字が表示されるはずです。これは C6:C15 の範囲内で上から 7 番目にありますよ、という意味です。
 

指定したデータが列の何番目にあるか調べます

 ここで登場した MATCH関数

=MATCH(検索値,範囲,0)

という形で記述して、範囲内にある検索値が何番目にあるかを返してくれます。ただし範囲は 1 列か 1 行のみで指定します。3つめの引数は [照合の種類] とよばれるもので、0 以外に -1 や 1 も指定できますが、今は関係ないので説明は省きます。氏名欄に他の名前も入力して番号が一致することを確認しておいてください。
 

Excel とは何ぞや?

 今回は記事が短かったので、ちょっとだけ、こばとのおしゃべりにお付き合いくださいな。こばとは最近「 Excel とは何ぞや?」ということを真剣に哲学するようになりましたよ。「 Excel は表計算ソフトでしょ」とおっしゃられるかもしれません。しかし Excel は表計算するだけでなく、データベースとして使えたり、VBA でプログラミングできたりと、本当に用途が幅広くて、その本質はいったいどこにあるんだろうと考えるわけです。で、考えに考え抜いた結論は ...... 「 Excel とは心である」ということです! つまりその正体は使う人の心の中に ...... え!? ちょっと、なんで皆帰っちゃうのー!? まだ、こばとの話は終わってませんよー! ≫ データベース研究所

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください