溜まりに溜まった下書き保存を捨てましょう!

 WordPress を使って記事を書かれている皆さんは、記事を公開する前に何度か下書き保存を更新しておられると思います。初期設定のままだと、自分でやらなくても WordPress のほうで勝手に保存してくれちゃっています(こばとに言わせると、かなり大きなお世話様機能なのです)。で、実はこの下書き保存をするたびに新しいファイルがデータベースに溜まっていくのだということを最近知りました。

 1つ1つの量は大したことなくても「塵も積もれば山となる」ですよ。長年使っているうちに、ものすごい量に膨れ上がってデータベースを圧迫すること間違いなしです。まあ、それは大げさかもしれないけど、いらないファイルが溜まっているというのは決して気持ちの良いものではありませんからね。ということで、この溜まった下書き保存(revision posts)を「ぽぽい」と捨ててしまう便利なプラグインを見つけましたよ!
 

Better Delete Revision をインストールしましたよ

 さっそく『言葉の工房あとりえこばと』の大掃除をするべく、プラグインの新規追加画面に行って『 Better Delete Revision 』というプラグインをインストールしました。そしてプラグインの管理画面で Setting をクリックして設定画面に行き、 Check Revision Posts をぽちっと押します。すると ......

 You have 642 posts.
 642 個のファイルが溜まってますよ。

というメッセージが現れましたよ!
「ひゃああ! そんなにー!?」
と仰天しながらも、それぞれのファイルの日付を確認すると、サイトを作り始めたときからの下書きファイルを律儀に溜め込んでいましたよ。
「そんな大昔のファイル必要ありませんよー! WordPress さんのほうで気を利かせて適当に消しちゃっておいてくださいなー!」
と心で叫びました。でも心の声は WordPress さんには届きません。

 でも大丈夫! これからは大丈夫! こばとの大丈夫シンキング!
 このスベシャルでワンダフルなプラグインで、どんなゴミもぽいぽいです!

 Would you like to remove the revision posts?
 この下書き保存、全部消しちゃっていい?

と訊かれるので、

 Yes. I would like to delete them!
 もちろんですよー。きれいさっぱり消しちゃってくださいなー!

をクリックすると、

 Deleted 642 revisions!
 642 個の下書きを消しました!

というメッセージが現れて大掃除完了です! めでたし、めでたし! ちなみに、このプラグインはお掃除したいときにだけ使えばいいので、普段は無効化しておきましょう。
 

世界中の下書き保存を集めると ......

 余談ですが、世界中の WordPress のユーザーさんがサーバーに溜め込んでいる『下書き保存』はものすごい量になっているのではないかと思うのです。そんな無駄なものが無意味に蓄積されていると思うだけで、「はあ」と溜息がもれてしまいます。こばとも最近までたくさん溜め込んでいたんだから人のこといえないけどね。お掃除の方法がもっと世界中に広まるといいな。『世界のいらないデータ大掃除の会』でも発足させようかな。そういう余計な事を始めたらまたマリちゃんに怒られるかもしれないけどね ...... そろそろ仕事しないとね ......

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)