ポーカーフェイスの王妃様とパンダが見たかった海底人

 久しぶりの「いつどこゲーム」です!
 こばとのソフトが、またおかしな文章を出力しましたよ!
 皆さん、大いに笑ってくださいねー!
 (  )の中はこばとのコメント(ツッコミ)ですよー!

ポーカーフェイスの王妃様

・朝食を食べているとき、檻の中で千種さんが不運を悲しんだ。
 (そりゃ檻の中に入れられたら不運極まりないよね)

・ 10 日前に博多でポーカーフェイスの王妃様が声が嗄れるまで応援していた。
 (無表情で応援されても、なんだか不気味ですよ)

・ J リーグが始まった年に、バスの停留所で競泳選手が悲鳴を上げた。

・金曜日の晩に、山の頂上で野心的な泥棒が突然、いいアイデアを思いついた。
 (どうせろくな思いつきじゃないですよ)

・ 1930 年代に貯水池でメタボな中年が友人の猫を預かった。
 

そんなにパンダが見たかったの?

・パンダが来た週に、海底王国で美人が頭が真白になった。
 (海底に住んでたら、パンダ見られないもんね)

・ 8 月下旬に、小春ちゃんのお家で夏苅拓馬君が頭から湯気を立てて怒った。
 (夏苅拓馬君といえば小春ちゃんの従弟ですよ。喧嘩でもしたのかな?)

・誰もが浮かれ騒いでいた日に、コロシアムで骨ばった老人がお花見した。
 (そんなとこでお花見なんて、浮かれるにもほどがありますよ)

・たそがれに後楽園球場でニュースキャスターの末宗さんがいつどこハイマスターに昇段した。(精進してくださいねー)

・ 16 世紀にブックオフで高校生が飼い猫を探し回っていた。
 

ドローンで遊んでる場合じゃないですよ

・核戦争後に本屋で軽薄なドワーフがドローンを飛ばしていた。
 (軽薄にもほどがあるでしょ)

・アドベンチャープールで洗練された異星人が悠々自適の生活を送っていた。
 (なに勝手に居ついてるんですか。邪魔だから出ていってくださいな)

・焚火がついえたとき、岩屋鍾乳洞で変な服を着たお百姓さんが娘に宛てて手紙を書いた。

・元旦に池袋駅でバスガイドの桃井さんがお見合いした。

・地球に巨大隕石が落ちた日に、密林で人魚姫が日本の将来に警鐘を鳴らした。
 (もう将来とかないでしょ。全部吹っ飛んでしまいましたよ)
 

不良少女と呼ばれた子

・昭和の日に避難所で不良少女と呼ばれた子がコンセントを差し込んだ。

・マリちゃんが酔っぱらっているときに、炉端で愚かな田舎者が変な物を発明した。

・日曜日の夕方に、屈強な王女様が歯に衣を着せない物言いの評論家の目の前でアニメ『天然少女こはるちゃん』を観て笑っていた。(評論家さんに「このアニメにはテーマがない!」とか言われちゃうよ)

・木曜日の夕方に、パン屋でイケメンが「平気、平気」と軽口を叩いた。
 そのあと地下帝国に行って、お湯を沸かした。
 

それもスナイパーさんの訓練法なの?

・水曜日の朝に、火力発電所でスナイパーがラケットを振っていた。

・夏刈まりもちゃんが生まれた日に、新幹線で故郷に帰ってきた娘が言葉の妖精になりたいと願った。(なれるわけないでしょ。ていうか勝手にならないで)

・仕事中にコンビニエンスストアでお姫様が TOEFL を受けてみた。
 (近頃はコンビニで TOEFL を受けられるんですかー。
  便利な世の中になりましたねー ...... て、そんなわけないでしょー!)

・地球が滅亡する間際に、軽井沢で自信に満ち溢れた牛渡さんが表情を輝かせた。
 (いくら自信満々でも、もうお終いですよ。どんだけポジティブなの)
 

そこで失くしたら、おしまいねー

・にわかに空が曇ってきた頃、洞穴でわからずやがコンタクトを失くした。
 (洞窟でコンタクトを失くしたんですかー!? 悲惨ねー!
  もうダメねー! 暗いし、絶対に見つかりませんよー!)

・ドーバー海峡でヒッピーが顎が外れるほど笑った。

・夜中の 2 時に、手荷物受取所で生き字引が訳知り顔で語っていた。
 (生き字引だからって、いい気にならないでくださいな)

・株価が暴落した日に菜園で 50 代の男が泣きじゃくった。
 (泣きたくなりますよね。気持ちはわかりますよ。こばとも泣いたし)

・木曜日の晩に、お寺で白馬に跨った兵士が頭の上にどんぶりを乗せた。
 (さては、お笑い芸人に転職するつもりですねー!)
 

争っても勝ち目はありませんよ

・金曜日の夕方に、ぬかるみで腑抜けが弟と跡目を争った。
 (たぶん負けるよ。だって腑抜けてるから)

・昭和 101 年に、西表島でおとなしい八野さんがにゃんこのあんよを掴んだ。
 (え? 昭和 101 年? いつどこワールドの暦は不思議ですねー!)

・暑いときに英会話スクールで、けなげな女の子が踊って憂さを晴らしていた。
 (踊ると気分がすっきりしますよねー。
  こばとも踊ろうっと。こばとちゃんダンス♪ こばとちゃんダンス♪)

・正月に南シナ海で負けん気の強い不良少女がタガログ語を日本語に翻訳していた。
 ( ...... タガログ語はさすがのこばとも分かんない)

・土曜日の晩に、ポートモレスビーで男が自分のブログに「小春と小夜子のお手軽ニュース&ニュース」のリンクを貼った。(小夜子さんが喜びますよ)
 

モナリザさんが?

・10日前にグアテマラシティでモナリザがそっと部屋から出た。
 (怖いよー)

・下校中に階段の踊り場でドワーフが「今年は収穫が少ない」と嘆いた。
 (ドワーフ農夫さん、気を落とさないでね)

・ 11 月にやくざの目の前で人魚がエイリアンに追いかけられた。
 (その状況、やくざさんとかはどうでもいいよね)

・友達と絶交した日にかび臭い部屋でお高く留まった人が純文学を読んでいた。
 (絶交される理由がよくわかるよ)

・夏刈まりもちゃんが寝ている間に、セブンイレブンで頭が切れる女が素振りをしていた。(まりもちゃんは小春ちゃんの母方の従妹です)

・春分の日に坑道で小板橋雄哉さんが信号無視した。
 (小板橋雄哉さんは稲見雅人さんの友人です。結婚式で司会を務めました)

・晩年にお風呂でおばあちゃんが青じそをぽいと捨てた。
 

測っているところを見られたくありませんよね

・ 1 世紀に押し入れの中で開拓民が身長を測った。
 (実はこばともこっそり測ってます)

・夜、ベルリンで足軽が「いい加減にしなさい」と叱られた。
 (そうです。戦に明け暮れていてはいけません)

・通訳している途中で博多でおばけが「んまあ!」と言った。
 (失礼なこと言ったんだね)

・水曜日にポドゴリツァで獣医の首代さんが腋毛を剃った。

・ 1930 年代に浜辺で皇帝陛下が笑みをこぼした。
 (「世界はすべて余の物じゃ」とか思ってるんでしょー?)

・ 10 年前に越冬隊員が「こばとちゃん、早く帰って」と言った。
 (南極基地でまで邪魔者扱いされたよ)

 また次回も KOBATO と一緒に「いつどこ」しましょうねー!

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)