「ら抜き言葉」について思うこと

 これからしばらく言葉の変遷について書いてみたいなと思います。
 といっても、そんなに堅苦しい話ではなく、色々な昔話も交えてあれやこれやとお喋りするだけなので、気楽におつき合いくださいな。でも、いつもよりちょっと真面目な話かもしれないです。
 

保守な姿勢にも、ほどがありますよね?

 富国強兵に明け暮れた動乱の明治も終わり、世間がそこはかとなくやわらかな文化に包まれようとしていた大正の初めごろのお話です。こばとは英国から貴重な資料を手に入れて英語史を本格的に学び始めていました。あるとき文献の中にとても難しくて古い単語があったので、姉のかばねちゃんに「姉さん、この単語読める?」と尋ねました。すると姉は ......
「よ・ま・れ・る」
と即座に訂正したのです。こばとの「読める」という言葉遣いが気になったようでした。こばとは驚いて
「今どき、そんな言葉遣いする人いないよ?」
と抗議しましたけど、姉は聞く耳をもちません。確かに平安時代には「読まれる」と言ってました。こばともそう言っていた記憶があります。しかし言葉は移り変わりゆくものです。「読まれる」は次第に使われなくなってゆき、すでに明治には「読める」という言い方が広く定着していました。それを大正時代にもなって ......

 平安育ちの姉は古来の伝統を大切に守ろうとする性格が強く、まあ、それはそれで姉の個性として尊重したいとは思いますけど、ものには限度がありますよね。こばとは「言葉の妖精」らしく、言葉の移り変わりについて熱弁をふるって姉を必死に説得しました。その甲斐あってか、明治に入ると姉も少しずつ態度を和らげて新しい言葉遣いを受け入れるようになってくれました。今でもふとした拍子に「行ける」を「行かれる」(これは現代でもまだ使う人もいます)、「書ける」を「書かれる」と口にしてしまうこともあったりしますけどね。いちいち指摘するのもなんですから、聞かなかったことにしています。
 

譲れないものがあるようです

 でも最近になってまた姉は
「最近の若い人たちが使う、ら抜き言葉だけは許せないの!」
と絶対に譲れない部分があることを主張しています。「ら抜き言葉」とは「食べられる」を「食べれる」と言ったり、「見られる」を「見れる」というように、「ら」を抜いて発音することです。まあ、正直なところ、こばとも「ら抜き言葉」に違和感を覚えないわけではありませんけど、
「落ち着いてくださいなー。大きな流れの中のことですよー。 このような言葉の変化の兆しは室町時代から始まっています。文法的には "読まれる" が "読める" 、"書かれる" が "書ける" に変わったのと同じ種類の変化なのです。ここにきて、 1000 年にわたる言葉の変遷の完了しようとしているのです」
とまた説得を試みましたけど
「いつの時代だって、全ての人が快く言葉遣いの移り変わりを受け入れたわけではないでしょう」
と反論されてしまいました。それを聞いて、こばとも即座に言葉を返すことができませんでした。確かに姉の言うことにも一理あるかもしれませんね。清少納言様も言葉の乱れについて、いつも嘆いておられました。「読まれる」が「読める」に変化する過程においても、いやな思いをした人はたくさんいたのです。
 

だからといって、変な言いがかりはよしてくださいなー!

 でも姉がこんなことまで言い出したことにはびっくりしました。
「だいたい、こばとはいつの時代にも新しい言葉を率先して使いたがるから、我が国における言葉の変遷を速めたにちがいないわ」
 ええええ!? こばとのせいなの!?
 こんな無茶な言いがかりをつけられて黙っているわけにはいきません。そのあとお互いに「あーだ、こーだ」と激しい言い合いになりました。
 でも言われてみれば ...... 室町の終わり頃にこんなことがあったような ......
「読まれる、読むる、はたしてどちらがまことなのやら、見当もつかぬ」
と、あるやんごとなき殿方(名前は忘れたけど、いつも自分に自信がなくて人の意見に左右されるタイプの人)に尋ねられたことがありました。
「"読むる" に決まってますよー。今の流行りは断然、"読むる" なのですよー。安心してお使いくださいなー」(現代語訳)
と応じました。
「 ...... さようか。言の葉の精が言うのであれば、間違いなかろう」
と簡単に納得されて、傍にいた姉から「こばと!」ときつく叱られました。
 結局、いつの時代に何をやっても、こばとは姉さんに叱られるんですよね。いやになっちゃうな、もう。

 「ら抜き言葉のあれこれ」については、シリーズで続けたいと思いますので、次回もよろしくです!

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)