REPT関数 文字列を繰り返します

 REPT関数 は指定した数値や文字列を繰り返す関数です。
 REPT は REPEAT の略なのでリピート関数と読みます。
 REPT関数 の使い方はとっても簡単です。

REPT(文字列,繰り返し回数)

という形で入力すれば、2つめの引数で指定した回数だけ文字列を繰り返し表示してくれますよ。たとえば

=REPT("○",5)

と入力すると「○○○○○」と返します。

=REPT("らん",3)

なら「らんらんらん」です。こんな関数をいったい何に使うのかと首を傾げてしまいそうになりますけど、けっこう使い道がありますよ。
 

五段階評価してみましょう

 というわけで、REPT 関数で作った成績表を見てみましょー。

 REPT関数成績表

 氏名のとなり (C 列) にある五段階評価の点数を ★ に変換しますよ。
 

=REPT("★",C5)

は ★ を C5 に入っている数字ぶんだけ並べますけど、せっかくですから五段階評価であることを分かりやすくするために、星の空白である ☆ も付け加えます。それには 5 から ★ の数を引けばいいのですから、

=REPT("☆",5-C5)

で計算させればよいのです。なので

=REPT("★",C5)&REPT("☆",5-C5)

と入力すれば ★ と ☆ が並ぶことになります。もし左側の数字が邪魔だと思ったら、C 列だけ非表示にしておきましょう。
 

点数を文字チャートに変えましょう

 今度は試験の点数を ■ の繰返しで表して、棒グラフのようにしてみましょう。営業売上の表を作るときにも使えますよ。 10 点に達したら ■ が1つと決めておきます。

 REPT関数点数表

セル D4 には

=REPT("■",TRUNC(C4/10))

と入力します。 C4/10 によって 100 点満点を 10 点満点に切り替えて、trunc関数によって小数点を切り捨て、その数だけ ■ を並べています。あ、ついでに言っておくと、上の例で用いている氏名は実在の人物と一切関係がありませんよ。え? どこかで見た名前? 気のせいですよ! ⇒ エクセル関数辞典トップページ

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください