椎崎姓の由来は千葉県山武市椎崎?

 椎崎(しいざき)姓の由来はよくわかりませんが、現代に残る地名から 千葉県山武市椎崎 あたりが発祥地と推測されます。

 新保と書いて「しんぼ」、或いは「にいぼ」と読むようです。
 新潟県によく見られる苗字です。新穂(にいぼ) という字から変化したと推測されますが、そうだとすれば 新しい穂 という意味の苗字ですね。新潟県の佐渡島の中部に新穂という地名がありましたが、2004 年には他の市町村と合併して今は佐渡市となっています。トキの保護センターとして有名な場所です。新潟県には他にも北新保や新保といった地名が残っています。
 

【架空人名簿】椎崎 小次郎 - 新保 唯花

架空人名簿(日本人)[椎崎 小次郎 - 新保 唯花]
男性 女性
氏名 ふりがな 氏名 ふりがな
椎崎 小次郎 しいざき こじろう 地井 敬子 じい けいこ
推谷 直矢 しいや なおや 椎森 美玲 しいもり みれい
塩川 悠月 しおかわ ゆづき 塩崎 のり しおざき のり
塩多 長政 しおた ながまさ 塩郷 かえで しおさと かえで
志賀口 秀信 しがぐち ひでのぶ 塩田 益未 しおた ますみ
茂業 和貴 しげなり かずき 塩中 菜那 しおなか なな
重橋 宗一郎 しげはし そういちろう 施賀 咲紀 しが さき
四坂 望 しさか のぞむ 鹿角 加代子 しかつの かよこ
四澤 謙 しざわ けん 志川 ちはる しがわ ちはる
猪鼻 景政 ししはな かげまさ 鋪倉 有香里 しきくら ゆかり
自檀地 鉄舟 じだんじ てっしゅう 指月 明莉 しげつ あかり
實盛 聡一郎 じつもり そういちろう 茂友 愛菜 しげとも まな
品川 魁斗 しながわ かいと 繁平 里紗 しげひら りさ
品部 光秀 しなべ みつひで 重松 みかん しげまつ みかん
志野 優作 しの ゆうさく 獅々賀 七月 ししが なつき
篠田 純平 しのた じゅんぺい 七宮 彩乃 しちく あやの
篠田 隆史 しのだ たかし 七良川 絵理子 しちりょうがわ えりこ
篠原 光太郎 しのはら こうたろう 実 幸恵 じつ ゆきえ
芝田 元就 しばた もとなり 紫藤 梨乃 しとう りの
柴主 夏樹 しばぬし なつき 自徳 怜名 じとく れいな
芝畑 道三 しばはた どうさん 品田 理智 しなだ りち
柴原 信長 しばはら のぶなが 品矢 緋奈子 しなや ひなこ
柴山 悟 しばやま さとる 篠崎 瑛子 しのさき えいこ
嶋崎 友実 しまざき ともみ 篠塚 芹奈 しのづか せりな
嶋里 尊治 しまざと たかはる 篠畑 真里 しのはた まり
島田 吉法 しまだ よしのり 柴 たま しば たま
島津 綱吉 しまづ つなよし 柴崎 凛子 しばさき りんこ
島野 康弘 しまの やすひろ 柴建 千尋 しばたて ちひろ
島淵 義久 しまぶち よしひさ 澁川 夏菜 しぶかわ なつな
下公 一豊 しもこう かずとよ 島朝 愛子 しまあさ あいこ
下笹 竜馬 しもささ りょうま 島崎 せりか しまざき せりか
下茂門 和宏 しもじょう かずひろ 嶋野 すみれ しまの すみれ
下白石 晋作 しもしらいし しんさく 嶋橋 みき しまはし みき
下駄場 純 しもだば じゅん 下貞 ゆか しもさだ ゆか
下留 虎之介 しもとめ とらのすけ 下澤 優那 しもさわ ゆうな
下中 偉史 しもなか いふみ 下平 やよい しもたいら やよい
下根 真司 しもね しんじ 志勇 直美 しゆう なおみ
下山 直義 しもやま なおよし 十文字 真由子 じゅうもんじ まゆこ
釈迦 洋介 しゃか ようすけ 主濱 南 しゅはま みなみ
赤銅 亮佑 しゃくどう りょうすけ 俊藤 柚香 しゅんどう ゆずか
順西 大樹 じゅんさい ひろき 定梶 早希 じょうかじ さき
正一 陽紀 しょういち はるき 上源 郁子 じょうげん いくこ
上月 三成 じょうげつ みつなり 庄司野 みよこ しょうじの みよこ
城峯 時宗 じょうみね ときむね 正重 さら しょうじゅう さら
諸見謝 義龍 しょみじゃ よしたつ 譲田 真結 じょうた まゆ
城田 右近 しろた うこん 城竹 なおり じょうたけ なおり
塩飽 信玄 しわく しんげん 城福 夢 じょうふく ゆめ
新 大翔 しん やまと 白浜 夏祈 しらはま なつき
新開 海舟 しんかい かいしゅう 進藤 希実香 しんどう きみか
新藤 航平 しんどう こうへい 新保 唯花 しんぼ ゆいか

 

品川(しながわ)

 東京都品川区という地名で誰もが知る「品川」という苗字があります。そのルーツは目黒川の古名である「品川」に由来するとか、12 世紀に現在の品川区あたりを支配していた「品河家」によるとか、諸説あるようです。
 ちなみにマリちゃん(刑部真理子さん)の住んでいる2軒隣に品川さんのお宅があります(でも住所は豊島区千早です)。マリちゃんが新婚生活を始めてからのお付き合いですが、そこのお嬢さんは湖鳥さんといって、とっても聡明で礼儀正しい子なのです。知り合ったときは小学生だったけど、今はもう高校生です。時が経つのは早いものですね。マリちゃんもすっかりおばさんになったしね(こんなこと書いてることばれたら、ちょー怒られる)。

塩飽(しわく)

 瀬戸内海に浮かぶ塩飽島(塩飽諸島)に由来しますよ。その地名のもとになったのは、「塩焼く」あるいは「潮湧く」のいずれかであろうと言われています。
 戦国史に詳しい人は塩飽島を拠点に活躍した塩飽水軍を思い浮かべるかもしれませんね。塩飽諸島は古来から海上交通の要衝で、操船や水上の戦に長けた人々が住んでいました。源平合戦の屋島の戦いや、足利尊氏の再上洛の戦いなどでも大活躍しましたよ。ちなみにこばとは、屋島の戦いを上空から眺めていました。隣にいる姉さんに「どっちが勝つと思う?」と尋ねると「こばと!!」と怒られました。いつの時代、どの出来事を思い出しても、こばとは姉さんに怒られてる場面ばっかりなんだよね。いやんなっちゃうな。
 ともかく塩飽水軍は誰からも一目置かれる存在でした。
 信長様の時代には「塩飽の船が通るときは、他国のものは航路を譲れ」と命じていましたし、徳川家康も塩飽七島(本島、高見島、広島、与島、櫃石島、牛島、手島)の自治権を認めていたほどです。

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください