[VBA] LTrim, RTrim, Trim関数で端のスペースを消します

先頭、末尾、両端のスペースを取り除きます

 指定した文字列に対して、LTrim 関数 は先頭のスペースを、RTrim 関数 は末尾のスペースを、Trim 関数 は両端のスペースを取り除きます。対象となるのスペースは半角/全角の両方です。さっそく簡単なマクロで試してみましょ~。

 'スペースを取り除きます

 Sub DeleteSpace()

 Dim mystr As String

 '左に半角、右に全角スペースのある文字です
 mystr = " ABCDE "

 Debug.Print "左の半角スペースを消します" & "[" & LTrim(mystr) & "]"
 Debug.Print "右の全角スペースを消します" & "[" & RTrim(mystr) & "]"
 Debug.Print "両端のスペースを消します" & "[" & Trim(mystr) & "]"

 End Sub

 DeleteSpace マクロを実行するとイミディエイトウィンドウに

 左の半角スペースを消します[ABCDE ]
 右の全角スペースを消します[ ABCDE]
 両端のスペースを消します[ABCDE]

と表示されます。もちろんワークシートのセル内のデータに対しても使えますよ。でもこの 3 種類の関数で消せるのは端っこにあるスペースだけです。文字の間にあるスペースは取り除けません。他の関数と組合わせればできなくもないけど、面倒だからやんない。そうしたいときは Replace 関数 を使えばいいだけだしね。ちなみに trim は英語で「刈り取る、切り取る」という意味の単語です。もともとは芝や生け垣なんかを手入れするときに使っていた言葉なのです。

 ≫ 今回の記事は短かったので、メニューに戻って他の記事も読んでね~♪
 ≫ こばとのデータベース研究所もよろしくね~♪

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)