【時(とき・これ・もち)】時をかける妖精 KOBATO

 と・き・を、かける、こばと~♪
 愛は輝く○○~♪ 過去も、未来も、○○も超えるから~♪
 (歌詞の一部は伏字にしてあります)

 というわけで、時をかけてきたこばとが をテーマにした名前のあれこれをおしゃべりしちゃいますよ。うん、まあ、別にかけてきてはないけどね。 1000 年間、普通に生きてきただけだしね。姉に言わせると「あなたはいっつも忙しないわねえ。もっと落ち着きなさいな」てことだから、何となく毎日忙しくしちゃってるけどね。何でこんな話になってるんだっけ? とにかく名前の話をいたしましょー。
 

時(とき・これ・もち)

 人名の場合、 は「とき」以外にも「これ」とか「もち」と読むこともあります。昔はたまに見かけたりしたけど、最近はあまり聞かなくなりましたね。

ミステリアス?

 女の子の名前からいってみましょー。

時子(ときこ)

は基本ですよねー。こばとはやっぱり「子」という字が好きねー。お子さんの命名にも、もっと使ってほしいなーて思うけどねー。でもまあ好みは人それぞれですからねー ...... あんまりだらだら喋ってると読者さんがどっか行っちゃうかもしれないから、そろそろペースをあげようかな。

時絵(ときえ)、時江(ときえ)、時恵(ときえ)

 このあたりは無難なところだけど、もう少し変わった名前として

時音(ときね)、時風(ときかぜ)、時名(ときな)

などはいかがですかね? 「時」という字を使うと何となくミステリアスな雰囲気になりますねー。あ、そうそう! こばとの知り合いにものすごく変わった名前の子がいるんですよ。苗字も合わせて変わっていてねー、フルネームで書くと「太古前 時雨(たこまえしぐれ)」ちゃん。うーん ...... もう何といってよいやら ...... 一度聞いたら忘れられない名前ですよね。どんな子か知りたい人は 小夜子さんのブログ に寄ってみてくださいな。

時をかけちゃう?

 続いて男の子の名前いってみましょー。

時信(ときのぶ)、時正(ときまさ)、時次(ときつぐ)

 うーん。なんだか歴史上の人物みたいな古い響きの名前になってしまっていますね。こばとは古い名前好きだけどねー。他にも

銀時(ぎんじ)

という面白い名前がありましたよ。なんとなく気風の良さそうな、「こちとら江戸っ子でい」みたいな雰囲気の名前ですねー。あとはね、あとはね ......

時矢(ときただ)

てのが面白いですねー! 「時間の矢」というと、なんだか本当に時を翔けてしまいそうな名前ですね。それでは今回はこのへんで。

 と・き・を、かける、こばと~♪ 愛は輝く○○~♪
 

名前と苗字のコレクション 壱岐 悠矢 - 種茂 夏美

氏名男性 氏名女性
壱岐 悠矢(いき ゆうや) 川形 朋香(かわがた ともか)
上楽 孔明(じょうらく こうめい) 都波 冴子(つわ さえこ)
道躰 崇(どうたい たかし) 真名志 夏奈美(しんなし ななみ)
虎岩 風雅(とらいわ ふうが) 鈴見 光江(すずみ みつえ)
白水郎 雄飛(あま ゆうひ) 上方 和(かみがた のどか)
茂泉 清(もいずみ きよし) 真弓 まどり(まゆみ まどり)
佐幸 京介(さこう きょうすけ) 宮宗 花穂(みやそう かほ)
小姓 智史(こしょう さとし) 平家 瑞姫(へいけ みずき)
花島 大樹(はなしま ひろき) 牧志 すみれ(まきし すみれ)
割鞘 仁志(わりざや ひとし) 種茂 夏美(たねも なつみ)
スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)