TYPE関数 引数のデータ型を数値で返します

TYPE関数 引数のデータ型を数値で返します

 TYPE関数は引数のデータ型を調べて数値によって教えてくれます

=TYPE(データ型)

のように入力すると、引数の種類に応じて次のような数値を返します。

データ型 戻り値
数値 1
文字列 2
論理値 4
エラー値 16
配列 64

 引数に数値を指定すると、どのような数値でも「 1 」を返します。

=TYPE(3)

と入力しても「 1 」を返し、

=TYPE(999)

と入力しても「 1 」を返すということです。また文字列であれば、

=TYPE("今日は良い天気ですね")

としても、

=TYPE("日経平均株価の終値は18753円でした")

としても「 2 」を返してきます。ちなみにこばとは日経平均株価に連動する投信を買っているので、いつも株価が気になります ...... なんて雑談を始めると際限がないので話を進めましょう。引数が論理値の場合は TRUE であっても FALSE であっても「 4 」を返します。たとえば

=TYPE(ISNUMBER("こばとは動物が苦手です"))

とした場合を考えてみます。ネストされている(入れ子になっている) ISNUMBER関数は「引数が数値であれば TRUE 、そうでなければ FALSE を返す」関数です。この例では文字列が入っているので FALSE ですけど、どちらにしても論理値に変わりないので「 4 」を返してきます。あ、ちなみにこばとは本当に動物とかあまり好きじゃないです。まあ、それはともかくとして、最後にエラー値について見てみましょう。

=TYPE(10/0)

とするとエラー値である「 16 」が返ってきます。引数の「 10/0 」は 0 で割っているので「 #DIV/0!」という種類のエラーに相当するのです。

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)