【春】うららかな日和のように

 こばとは春にお花見して、夏には海で泳いで、秋には栗ご飯食べて、冬にはスキーします! 日本の四季を満喫しちゃってます! これぞ風流ですよねー。 え? ただ遊んでいるだけ? 風流とは違う? ま、そんなわけで「春夏秋冬」シリーズの第 1 回は「春」ですよー。

春(はる)

 はいいですよねー。こばとをお世話してくれた清少納言様は「春はあけぼの」と言っておりましたので、春と書いて ......

 春:あけぼの

 と読んでみては、いかがでしょう。ダメですか?
 或いは春といえばうららかな日和を連想して、

 春:うらら

 などはどうでしょう? 無理がありすぎますかね。

 女の子の名前で思い浮かぶのは ......

 春子、春湖:はるこ
 春海、春美、春弓:はるみ
 春花、春歌、春日、春香:はるか
 春奈、春名、春南、春奈、春菜:はるな

 春の都や郷里という意味を込めて、

 春都、春里、春郷:はるさと

と、こんなふうに名づけても素敵ですねー。色々な名前があります。でもやっぱり、こばとの一番のお気に入りといえば ......

 小春:こはる

ですね! 小春日和とは陰暦 10 月、立冬を過ぎた頃の季節外れのぽかぽか陽気のことですよ。こばとのお友達に滝野川小春ちゃんという子がいますが、ちょうどそのような日に生まれたので「小春」と名づけられたそうです。でも性格まですっかり「小春日和」になってしまいましたねー。

 男の子の場合は末尾に春をつけるとよさそうです:

 清春:きよはる
 信春:のぶはる
 隆春、鷹春、陸春:たかはる
 正春、雅春、匡春:まさはる

 それにしても、ついこのまえ、さくら公園でお花見を楽しんだと思ったら、もう 6 月が目の前ですね。初夏の兆しを感じながら、次回は「夏」をテーマに名前のあれこれを語ってみようかと思います。
 

名前と苗字のコレクション③ 豊後谷 毅 - 苧側 菜津妃

氏名男性 氏名女性
豊後谷 毅(ぶんごたに つよし) 和治 みゆき(わじ みゆき)
無津呂 武志(むつろ たけし) 御調 優那(おしらべ ゆな)
瀧頭 陽(たきがしら あきら) 原子 空見(はらこ そらみ)
日俣 明(ひまた あきら) 三樹 賀世(みき かよ)
五味渕 太智(ごみぶち たいち) 空林 くらら(そらばやし くらら)
西面 雅彦(さいめん まさひこ) 市道 彩芽(いちみち あやめ)
鬼内 敦史(きない あつし) 菖蒲田 沙耶(しょうぶだ さや)
射號津 悠(しゃごつ ゆう) 合掌 郁花(がっしょう いくか)
二口 幸之助(ふたくち こうのすけ) 須ノ内 さおり(すのうち さおり)
美甘 淳(みかま じゅん) 苧側 菜津妃(おがわ なつき)
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください