[VBA] ワークシートを表示/非表示にするマクロ

 今回は ワークシートを表示/非表示にする方法 について解説します。

ワークシートを非表示にする方法①

 Excel では手動でシートを非表示にすることができるし、あとで再表示することもできます(当たり前です)。それと同じような消し方をするには、Visible プロパティに xlSheetHidden を入れます。

 Sub HideSheet1()

  Worksheets("sheet1").Visible = xlSheetHidden

 End Sub

 実行すると sheet1 が消えますけど、手動で元に戻すこともできます。
 

ワークシートを非表示にする方法②

 もうひとつの方法は怖いですよ~。恐ろしいですよ~。この方法でシートを非表示にしてしまうと、Excel の操作だけでは再表示できませんよ~。

 Sub HideSheet2()

  Worksheets("sheet2").Visible = xlSheetVeryHidden

 End Sub

 Visible プロパティに xlSheetVeryHidden を入れて、再表示できない設定にしてあるのです。このコードを使用するときはくれぐれもご注意くださいな~。
 

ワークシートを再表示にする方法

 おどかすようなこと言ったけど、① と ② のどちらの方法で非表示しても、Visible プロパティに xlSheetVisible を入れれば簡単に再表示することができます。

 Sub ShowSheet()

  Worksheets("sheet2").Visible = xlSheetVisible

 End Sub

 このマクロを実行すると消えたシートが元に戻るので安心してね~。 ≫ VBA 辞典

Google広告
スポンサーリンク
スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください