【信】「たより」という意味がありますよ

 「名前あれこれ」の記事の第 2 回目です。今回も色々な名前を作ってみますよ。
 

信(のぶ/しの)

 という漢字を見ると、ほとんどの人は「信じる」をまず連想すると思いますが、他にも「たより、使い」という意味もあります。(こばとの感覚で)少し前まではメールどころか電話もありませんでし、郵便制度も整っていませんでしたから「たより」は使いをやって届けていたのです。音信(おんしん)という言葉もありますね。そこで、こばとが考えた名前をひとつ。

 音信:たより

 という名前はどうでしょうか? ダメ?
 創作などでは使ってみても面白い名前だと思いますけど。

 普通に「のぶ」という字を頭につけて、

 信道:のぶみち、のぶつな、のぶゆき
 信行:のぶゆき、のぶたか、のぶみち、のぶやす

 という名前にすると「信じる道をゆく」という意味合いをもちます。
 「信」には「つまびらかにする」という意味もあるので、同じく「信道」と書いて「物事を明らかにする道」、つまり科学者のようなイメージをもたせることもできます。他にも「正しいことを信じる」という意を込めて、

 信正:のぶあき、のぶたか、のぶまさ

 などはいかがでしょう? 何だかどれも古風すぎますかね。でもフィギュアスケート選手の織田信成君などの例もありますよ。同じ字を使って、

 信成:のぶひで、のぶふさ

 と読むこともできます。こばとは「史」という字が好きなので、

 信史:のぶふみ、のぶちか、のぶひと

 なども良さそうだと思いますけどね。音がいいでしょ。
 え? 名前の意味? ええと .....「信頼できる歴史」とか?
 そ、そのへんは皆さんにお任せしますよ。

 女の子の場合は「しの」と読むのが柔らかくていい感じですよね。

 信歩:しのぶ 信理:しのり 信梨:しのり 信郷:しのさと 信都:しのさと

 などが美しい響きですね。ただ「信」という漢字の見た目がちょっと堅いので、意味合いは残して、敢えてひらがなで名づけてみるというのも手だと思いますね。

 しのぶ、しのり、しのさと

 ぐっと柔らかくなったと思いませんか?
 やっぱり、こばとは古風なので、女の子は柔らかい印象のほうが好きですねー。
 

名前と苗字のコレクション② 百 涼太郎 - 覚野 遙

 このコレクションは創作における人物の命名などに使ってくださいな♪

氏名(男性) 氏名(女性)
百 涼太郎(もも りょうたろう) 税 妙子(ちから たえこ)
大懸 絢都(おおがけ あやと) 鶴身 由里(つるみ ゆり)
日景 智之(ひかげ ともゆき) 伊規須 夏祈(いぎす なつき)
辻道 航太郎(つじみち こうたろう) 依藤 まや(よりふじ まや)
艫居 洋介(ともい ようすけ) 嘉勢 風花(かせ ふうか)
沓掛 春(くつかけ はる) 葭野 りこ(よしの りこ)
株元 一心(かぶもと いっしん) 竹宗 鈴子(たけむね すずこ)
椋本 正人(むくもと まさと) 道網 玲奈(どあみ れな)
南儀 克敏(なんぎ かつとし) 栂 花子(とが はなこ)
志伯 勇人(しはく ゆうと) 覚野 遙(かくの はるか)
Google広告
スポンサーリンク
スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください