マクロ編集画面を開きます(Visual Basic Editor の起動)

 今回は記録した「並べ替えマクロ」の正体を暴いてみましょう。
 はたして、その正体やいかに?
 

Visual Basic Editor を起動します

 「いつどこブック」(前回作業していたブック)を開いてください。上のリボンから「開発」 → 「マクロ」と順にクリックするとダイアログが現れますね(フォームを作る前にマクロ実行のために使っていたダイアログです)。

VBAマクロのダイアログ

 ボックスでマクロの選択を行うのですが、現段階では皆さんのマクロはまだ1つしかないはずですので、単に右にある「編集」ボタンをクリックします。すると、「 Visual Basic Editor (VBE)」 が起動して、下のようにずらずらと意味のわからない文字の羅列が出現します。

VBAコードウィンドウ

 これが今まで「マクロ」とよんでいたものの正体です。そしてこのマクロを構成する1つ1つのコードが Visual Basic for Applications (VBA) というプログラミング言語で記述されています。
 この一連のコードがデータ(pts)の並び替えを制御していたわけですが、実はここには必要のない記述がたくさん含まれています。マクロ記録はとても便利な機能なのですが、やたらと無駄なコードを記録してしまいます。しかし、この中にはマクロを実行するための大切な骨組みが存在するのも確かですから、この記録されたコードを参照して(いらないものを削ぎ落として)すっきりしたマクロを作ればよいのです。もちろん、そのためには記述されたコードの内容を理解する必要があります。そこで次回からは、記録された「並び替えマクロ」を眺めながら、眼力(?)によって大切なコードを抜き出す、という作業を行います。特に VBA 初心者にとっては、「マクロ記録」という水先案内人がいれば、方向性はしっかりと示されているわけですから、1からコードを書くよりはずっと易しい作業になるはずです。
 

プロジェクトエクスプローラ

 VBE の左上画面に注目してください。
 「プロジェクト - VBAProject 」という名前のウィンドウが表示されていますね。

VBAプロジェクトエクスプローラ

ここはマクロを記述する場所を階層的に表示したもので、「プロジェクトエクスプローラ」とよばれています。みなさんの現在のマクロは「 VBAProject 」の下の「標準モジュール」のもう1つ下、「 Module1 」となっているはずです。この Module がマクロを記録するためのシートです。標準モジュールの上に Sheet1, Sheet2, ...... と並んでいることに注目してください。これらもプロジェクトを構成するモジュールの1種として扱われています。ワークシートにマクロを書いても全く機能しませんから、別枠で標準モジュールという特別なシートが用意されたのだと理解してください。

 たとえば、「いつどこソフト」は今眺めているマクロだけでは動きません。データを格納したり、出来上がった文章を表示するための5枚のワークシートと連携する必要があります。つまりこれらのモジュールが全てそろってはじめて「いつどこソフト」が機能するのです。これが「プロジェクト」という概念です。

 左上の緑色のアイコンをクリックするといつものエクセル画面に戻ります。今回は何もいじらずにエクセルを終了しますが、マクロに何か変更を加えた場合でも、普通にエクセルで上書き保存してください。そうするとマクロの変更も一緒に記録されて保存されます。終了するときもエクセル画面で右上の「×」をクリックするとマクロ画面も同時に消えます。特に変わった操作をする必要はありません。

Google広告
スポンサーリンク
スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください