いつどこ動物園① 不死鳥と争っても勝ち目はありません

 いつどこ世界の住人たちは、思わぬ時に思わぬ場所で動物に遭遇してしまいますよ。
 いつどこ世界の動物たちは自由気ままに生きているのです。
 

不死鳥には勝てませんよ?

・キューバ危機のさなかに、写真店でおっさんが不死鳥と縄張り争いをした。(不死鳥と争っても絶対に勝てませんよー。相手は不死身なんですからー。大人しく写真店を明け渡しましょう)

・昭和の日にアムステルダムで辛口評論家がトリケラトプスに餌をあげた。(ちょー珍しい物飼ってますねー。こばともこういうの飼いたいな)

・山火事のあった日に、霧雨が降るなかで面の皮が厚いおじさんがカンガルーにおやつをあげた。

・にゃんこ記念日に、横丁でプライドの高いコギャルが二十日鼠の頭を撫でた。(こばと、ネズミは大嫌い)

・ 2 年前にエアーズロックでインド人が怪鳥モアと出会った。

・暗黒時代にローレシアで鬱陶しい若者がヒグマにおやつをあげた。(熊に餌をやらないでくださいなー)

・ジュラ紀に塀の上で火星人が猫とじゃれあった。

・ 2 月に豪邸で王子様が豚と別れた。

・一昨日の夜、馬車の中でガキ大将が牛と出会った。(牛さんは馬車の外にいなきゃ! 甘やかすと図に乗りますよ!)

・大晦日に寝台車で歌手が犬とじゃれあった。
 

いつどこ世界のイルカは陸の上を歩きます

・ひどく蒸し暑い日に、総領事館で一郎君がイルカを散歩に連れて行った。(イルカとお散歩! 楽しそうですね♪)

・ 100 年前に印刷屋で、怪しい課長がマナティと出会った。

・火曜日、ブリッジタウンでおじさんがハリネズミと言い争った。

・文化の日に、池袋駅で会社員がコモドドラゴンと喧嘩した。(そんなのと喧嘩するなんて、おじさん、勇気ありますねー)

・紀元前1万年に、日本で神経の図太い新入社員が山羊と縄張り争いをした。

・嵐の夜。渋谷で噂の人物が熊を獣医に診てもらった。

・帰宅途中、縁側で我を忘れた新入女性社員が狼に噛みつかれた。

・大化の改新があった年に、テレビ局で大阪商人が類人猿と友達になった。

・ 4 月中旬に、林の中で包容力のある主婦がチーターを捨てた。(何やってるんですかー! そんな危ない動物捨てちゃだめでしょー!)

・週末に野球場で学校の先生がハイエナを檻に入れた。(いつどこ世界では、おちおち野球もできないですね。どこに何が出るかわかりませんからね)
 

後楽園球場にアパトサウルスを連れてきました

・バブルが崩壊した日に、後楽園球場で木下達郎君がアパトサウルスを獣医に診てもらった。(図体が大きいですからね。確かに後楽園球場ぐらいの広さがないと診られませんね)

・一昨年、夢の中でお坊さんが象を捨てた。

・誰もが浮かれ騒いでいた日に、馬小屋でお巡りさんがヒキガエルと友達になった。(寂しすぎますよ。皆と一緒に浮かれてくださいな)

・葬式の日に、息が詰まりそうな雰囲気のなかで、宝くじに当たったおっさんが雄牛に餌をあげた。

・火曜日の昼に、競技場で不器用な王妃様がオポッサムを散歩に連れて行った。

・5月上旬に、リガで狼がヤマアラシとじゃれあった。

・幕末に新国立劇場で営業マンが子豚に噛みつかれた。(ちょー格好悪い)

・鎌倉幕府が成立した日、博多で演歌歌手がジュゴンの毛を刈った。

・朝、猫のトイレの前で牛込小太郎君が穴熊を飼い馴らした。(猫ちゃんに迷惑だから、他のところで飼ってください)

・空が曇り始めた時、住宅街でインチキおじさんが蝙蝠と言い争った。(蝙蝠:「このインチキ野郎」 インチキおじさん:「俺様はインチキじゃねえ!」・・・・・・そりゃ蝙蝠さんのほうが正しいね)
 

人類の尊厳が・・・・・・

・4月下旬に、完成したばかりの新国立競技場で木こりがオランウータンと言い争って負けた。(負けちゃだめでしょー! 人類としてのプライドはどこにいったんですかー!?)

・今日モスクワで愛想のいい宇宙人がコブラと喧嘩した。(悪い宇宙人かもしれないから、コブラさん、ぱくっと噛んじゃってくださいな)

・12月に舞台の上で猫嫌いの年寄りがシャチにおやつをあげた。(猫は嫌いだけど、シャチは好きなんですね ......)

・印欧祖語が話されていた時代、敵地でがり勉の山本正嗣君がアリクイとじゃれあった。

・2月上旬に、研究所で怒ったおじさんが北極熊に餌をあげた。

・二日酔いの朝に、古本屋で藩主が蛇に噛みつかれた。(蛇の謀反だー)

・沙希ちゃんが寝込んでいるときに、サイロでウィリアムがパンダと遊んだ。(ウィリアムって誰?)

・1920年代に勝手口でおばけがクマネズミを餌付けした。(おばけとクマネズミがいる家なんて、よう住みませんわ。思わず関西弁になってしまいましたよ。ちなみに私は京都生まれです)

・その日の朝早くに、モナコで田舎者が小春ちゃんの飼い猫のうななん子たんを檻に入れた。(何で小春ちゃんの飼い猫がモナコにいるの?)

・関ヶ原の戦いの前夜、スーパーで折り目正しい青年が馬に餌をあげた。

 面白かったからって、安易に変な動物を飼わないでくださいね。

Google広告
スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください