CONCATENATE関数 文字列同士をつなぎます

CONCATENATE関数 文字列同士をつなぎます

 concatenation は「連鎖、連結」という意味です。
 CONCATENATE関数 は文字列同士をつなぐ関数なのです。

 CONCATENATE関数 を使うには

=CONCATENATE(文字列1,文字列2[,文字列3, ...])

というように入力します。たとえば

=CONCATENATE("言葉の","妖精","こばとちゃん")

というように入れると

言葉の妖精こばとちゃん

と返ってくるのです。もちろん引数にセルを指定することもできますよ。セル A1 に「こばとちゃん」、セル C1 に「かわいいな」と入っているとき、

=CONCATENATE(A1,"は",C1)

と入力すると

こばとちゃんはかわいいな

と返ってきます! いい例文ですね! 2つめの引数だけ "" で括って「は」という助詞で単語をつないでいますよ。
 

演算子「 & 」があるのに ......

 エクセルをお使いの皆さんは普段「 & 」という演算子を使って文字を連結していると思います。それなのに、どうしてわざわざ CONCATENATE のような関数が用意されているのかと疑問に思うかもしれません。実はこばとにも、そのあたりのことはよく分からないのですが、非常に入り組んだ連結をする場合に CONCATENATE を使うと見栄えがよくなるのです。たとえばセル A1, B1, C1 の文字列と助詞を結んで文章を作る場合、演算子「 & 」で書くと

A1&"が"&B1&"を"&C1

 ...... なんだか目がちかちかしてしまいますね。そこで

=CONCATENATE(A1,"が",B1,"を",C1)

と書くと、見た目がとてもすっきりします。何と何を結んでいるのかなー、ということが分かりやすいですね。皆さんも CONCATENATE関数 を使ってどんどん連結してくださいねー。 ⇒ エクセル関数辞典トップページへ

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)