[VBA] IncrementRotation メソッドで正方形を回転させます

IncrementRotation メソッドで正方形を回転させます

 今回は 図形をぐるぐる回転させるマクロ を書いてみますよ。
 プログラミングで回転というと、回転行列とか計算しちゃったり、なんかしちゃったり(← 言葉の妖精とは思えないような雑な表現)するイメージがあるけど、VBA には オートシェイプを回転させる Rotation プロパティがあるから、とっても簡単なのね~♪ というわけで、あれこれ説明する前にマクロを書いてしまいます。

 '正方形をゆっくり回転させます

 Sub RotateRectangle()

 Dim x As Double, y As Double
 Dim t As Double, wd As Double, ht As Double
 Dim myrec As Shape

 x = 100  '左端からの位置
 y = 100  '上端からの位置
 wd = 100  '図形の横幅
 ht = 100  '図形の縦幅

 '正方形を作って変数 myrec に入れます
 Set myrec = ActiveSheet.Shapes.AddShape(msoShapeRectangle, x, y, wd, ht)

 With myrec

 '図形の背景色を青にします
 .Fill.ForeColor.RGB = vbBlue

 '図形の枠線を無しに設定します
 .Line.Visible = False

 End With

 For t = 1 To 90

  '時計回りに 1° 回転させます
  myrec.IncrementRotation (1)

  Application.Wait [Now() + "0:00:00.1"]

 Next t

 End Sub

 マクロを実行すると青い正方形が現れて時計回りに回転します。

 VBA IncrementRotation メソッドによる正方形の回転

 今回のマクロでポイントとなるのは

myrec.IncrementRotation (1)

です。これはオブジェクト myrec に対して IncrementRotation メソッドで図形を 1° だけ回転させています。

Application.Wait [Now() + "0:00:00.1"]

によって処理速度をコンマ 1 秒待たせることによって、図形がゆっくりと回転するように見えるのです。IncrementRotation は 図形を z 軸の周りに今ある位置から指定引数だけ時計回りに回転させるメソッド です。回転方向を逆にしたい場合は

myrec.IncrementRotation (-1)

のように負の値を引数に指定します。元の位置からの回転角度 を設定する場合は Rotation プロパティを使用します。  ≫ VBA 辞典メニューに戻りましょ~♪

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)