[VBA] Colorプロパティでセルに背景色を設定しましょう

 はい。今日はセルを好きな色で塗ってみましょ~。
 塗り絵みたいで面白いのね~。
 むらがないように綺麗に塗りましょ~。
 Excel だから、むらなんてできるわけないけどね~。
 余計なおしゃべりはこのぐらいにして本題に入りましょ~。

セルに背景色を指定します

 セルに色塗りするには Interiorオブジェクト の Colorプロパティまたは ColorIndexプロパティの値を変えてあげればいいのね~。 

Colorプロパティ

 Colorプロパティ を使う場合は RGB で指定します。RGB とは Red, Green, Blue の頭文字。つまり赤、緑、青をどれぐらいの配分で混ぜるかを指定するのです。この方法は、大体どんな色になるのか予測しやすいのが利点ね~。たとえばセルA1 を青く塗るならこんな感じ。

 'セルA1 の背景色を青にします

 Sub InteriorBlue()

 Range("A1").Interior.Color = RGB(0, 0, 255)

 End Sub

 Red も Green も 0 にして、Blue に最大値 255 を指定しているのです。
 だからセルが真青になるのです。
 

ColorIndexプロパティ

 ColorIndexプロパティ を使う場合は、あらかじめ色に割り当てられている番号を指定します。たとえばセルA1 の背景色を 10 番に指定してみましょ~。

 'セルA1 の背景色に 10 番を指定します

 Sub InteriorRed()

 Range("A1").Interior.ColorIndex = 10

 End Sub

 とりあえず適当に色を指定しているだけなので、こばともどんな色なのかさっぱりわかりません。実行してみましょ~。

 VBAのColorIndexプロパティ

 緑色でしたね~。でも、どの色にどんな番号が割り振られているかなんて、よっぽどの Excel オタクでもないかぎり覚えていられませんよね~。なので一覧表を作っておきましょ~。

 'ColorIndex のリスト

 Sub InteriorList()

 Dim i As Integer

 For i = 1 To 50

 Cells(i, 1).Interior.ColorIndex = i

 Next i

 End Sub

 これを実行すると ......

 ColorIndexの色一覧表

 こんなふうにずらずらと色が並ぶのね~。
 行番号がそれぞれの色に対応する番号になっていますよ。
 これを参照しながら好きな色で塗ってくださいな。

 ≫ [Amazon書籍広告] Excel 最強の教科書[完全版]
 ≫ [Amazon書籍広告] 脱入門者の Excel VBA

よく使う色番号は宣言セクションに書いておきます

 そうは言っても、毎回番号を確認しながら色を指定するのはやっぱり面倒ね~。そんなときは宣言セクションでユーザー定義定数を設定しておくと便利ね~。たとえば

Const myRed As Integer = 3

と書いておいて、

 'セルA1 の背景色を赤にします

 Sub InteriorRed()

 Range("A1").Interior.ColorIndex = myRed

 End Sub

というマクロを実行するとセルA1 が赤く塗り潰されますよ。今回はこのへんでおしまいね~。次回も色塗りの続きをやりたいな~。 ≫ VBA の技術

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)