ROMAN関数 ローマ数字に換算します

 ローマ数字って読みにくいですよねー。
 「Ⅵ は 4 だっけ、6 だっけ?」と悩んだりすることありませんか?
 そしてこれがもっと大きな数字になるともう大変です。たとえば 923 をローマ数字に直しなさいと言われても、ほとんどの人は「???」となってしまうはずです(正解は CMXXIII )。でもROMAN関数を使うと、好きな数字をローマ数字に変換してくれるのです。便利ですねー。正式なローマ字表記についての簡単な解説も添えてありますよー。
 

ROMAN関数

 ROMAN関数を使うときは

=ROMAN(数値[,書式])

という形で記述します。1つめの引数には 1 ~ 3999 の数値を指定することができます。2つめの引数には 0 ~ 4 の数値を指定しますが、0 を入れると正式な表記、1 から順次数値が大きくなるにしたがって簡略化した表記を返します。2つめの引数を省略すると 0 を指定したものとみなされます。

=ROMAN(1)

と入れると「 Ⅰ 」が返されます。

=ROMAN(6)

なら「 Ⅵ 」です。

=ROMAN(15)

とすれば「 XV 」が返ります。

=ROMAN(1294)

と入力すると「 MCCXCIV 」が返ってきます。
 

ローマ数字の表記法

 ローマ数字では、

1 = Ⅰ, 5 = Ⅴ, 10 = Ⅹ, 50 = L, 100 = C, 500 = D, 1000 = M

という記号で表すように定められています。上位の数字の左側に下位の数字がつくときは、上位から下位の数字を引き算します。たとえば Ⅸ は 10 = Ⅹ から 1 = Ⅰ を引いて 9 となります。大きな数字を見てみましょう。たとえば 528 であれば、D が1つ、Ⅹが2つ、Ⅴが1つ、Ⅰが3つなので、

DXXVIII

と表記されることになります。3079 であれば

MMMLXXIX

となります。やっぱりどう考えたってアラビア数字のほうが便利ですよね。古代ローマ人は足し算ひとつにも大変な苦労していたのかもしれません。

 ⇒ エクセル関数辞典トップページ

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください