VLOOKUP 関数で「五百磐馨」さんを検索します

 今回は VLOOKUP 関数 を練習しますよ♪
 自分であれこれ試してみたい人は下のデータを使ってくださいな♪

氏名 ふりがな 住所
内池海里 うちいけ かいり 東京都練馬区高松 5-48-2
五百磐馨 いにわ かおる 東京都世田谷区大原 3-13-9
市丸隼翔 いちまる はやと 東京都台東区柳橋 7-11-2
七五三木風太 しめき ふうた 東京都新宿区南元町 4-26-2
KOBATO こばと 東京都豊島区南池袋 5-8-3

 

テーブルを作ります

 データの左上隅をセル A1 に合わせて貼りつけて、[ホーム] ⇒ [テーブルとして書式設定] の順に選択し、テーブルスタイルを選んだあと、 [先頭行をテーブルの見出しとして使用する] にチェックを入れて [OK] を押してください。次のような表が作られるはずです。

 Excel住所録データ

 ついでに、このテーブルに名前を付けておきます。
 テーブル内のどこでもいいのでセルを選択し、テーブルツールの [デザイン] をクリックして左上隅の [テーブル名] というボックスに「住所録」という名前を入力してください。
 ここ大事ねー! これをやっておくと VLOOKUP 関数 の使い方がとっても楽になるのねー!
 

VLOOKUP 関数で検索しましょう!

 ところで「五百磐馨」さんとはまた難しい名前ですねー。
 まったく読めませんねー。え? さっきの表に書いてある?
 そりゃそうなんですけど!
 とにかく今は VLOOKUP 関数の練習しなきゃいけないしー!
 てなわけで、下のような表を作ってくださいなー。

 VLOOKUP関数

 B9 と B13 はユーザーさんが名前を入力するためのセルです。
 そして B9 にはこんなふうに書きましょー。

=VLOOKUP(B9,住所録,2,FALSE)

すると「いにわ かおる」というふりがなが現れますよ! もうびっくりです! で、上の記述を丁寧に説明すると ......

 「住所録」という名前のテーブルの左端から、セル B9 に入力されている「五百磐馨」という名前を探して、一致する名前があったら、「 2 列目」の項目を表示しなさい。

ということなのです。最後の「 FALSE 」は、「だいたい合っていればいいの?」という問いに対して「ダメ! ちゃんと全部一致しているものを探しなさい」と指定しているのです。これを「 TRUE 」にすると曖昧検索をしてくれます。一般的な書式は

=VLOOKUP(検索値,テーブル名,表示したい列番号,[検索の形])

となります。ちなみに「表示したい列番号」はシートの列のことではなくて、テーブルの一番左の列を「 1 」として数えた番号の事です。

 次は「KOBATO」ちゃんのお家の住所を知りたいな!
 ...... て、自分の家の住所だから知ってるけどね。まあともかく

=VLOOKUP(B13,住所録,3,FALSE)

と入力してみると、今度は3列目にある住所が表示されます! VLOOKUP 関数はとっても便利ですねー! ⇒ データベース研究所トップページ

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)