Excel でワードアートを作ってみよう!

 今回のテーマは Excel でおしゃれなワードアートを作ってみよう です!

 え? ワードアートって何かって?
 ええとね ... 何ていうかね ... 言葉では上手く説明できないんだけど(← 本当に言葉の妖精か?) ...... 実物見せたほうが早いよね。つまり、こういうおしゃれな文字のことね~。
 
 
 Excel ワードアートの例
 
 
 Excel を使うと、こういう凝ったワードアートがお手軽に作れちゃうんですよ~。
 それでは、ワードアートのレシピを紹介します♪
 

ワードアートを作ってみよう!

 ワードアートの作り方はとっても簡単です♪
 [挿入] タブから [テキスト]、[ワードアート] を選択します。
 すると、素敵なデザイン候補がたくさん並ぶので、お好みのものを選んでくださいな。

 Excel WordArt デザインの選択

 大きなテキスト入力ボックスが現れるので、好きな文字を入力しましょう。
 ここでは「こばとちゃん」と入力してみることにします。

 Excel ワードアート テキストの入力

 なかなか、いいですね~。
 でもこれで終わりではありません。
 ここから好みに合うように色々と加工していきましょ~。
 

ワードアートの色を変えてみましょう

 最初にワードアートの色を変えてみましょう。
 ワードアートは [輪郭線] と [塗りつぶし] の 2 種類の色を別々に指定できますけど、今回は [塗りつぶし] を赤色にしてみます。ワードアートのテキストボックスを選択したまま [描画ツール] の [書式]、[塗りつぶし] の順にクリックして、パレットから [赤] を選びます。

 Excel ワードアート 色の選択

 すると、こんなふうに赤い文字に変わりますよ~。

 Excel ワードアート こばとちゃん

 面白いですね~。
 

ワードアートに 3D 回転効果を付けます

 いよいよ仕上げに入りましょう。
 [描画ツール] の [書式] から [文字の効果] を選択してください。
 この機能を使うと、ワードアートに影や反射、面取りなど色々な装飾を施すことができます。ここでは [3-D 回転] を選んでみましょう。

 Excel ワードアート 3D回転で立体効果を付与

 [3-D 回転オプション] から [透視投影] の欄にある [中程度の傾斜] を選びましょう。

 Excel ワードアート 透視投影・中程度の傾斜

 すると ...... じゃじゃーん!

 Excel ワードアート 完成図

 文字に奥行きが出ましたね~。面白いですね~。

 ついでにもっと文字も付けたしちゃおうっと。

 Excel ワードアート 正義の味方

 かっこいいですね~。
 映画のオープニングみたいね~。
 え? いつ人類の平和を守ったのかって?
 ...... これから正義の味方になる予定。何か文句ある?

Google広告
スポンサーリンク
スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください