CEILING関数、CEILING.MATH関数 基準値の倍数に切り上げます

 CEILING関数 を使うと1ダース単位の切り上げ処理ができたりします。
 CEILING.MATH関数 は 2013 から導入された改良版(?)です。
 Excel 2013 以降のバージョンをお持ちの方は CEILING.MATH関数 のみを覚えてください。
 

CEILING関数 指定した値に最も近い「基準値の倍数」に切り上げます

 CEILING関数

CEILING(数値,基準値)

のように記述し、1つめの引数で指定した [数値] に最も近い「基準値(2つめの引数)の倍数」に切り上げます。言葉で説明するとちょっと意味を掴みにくいのですが、たとえば

CEILING(15,6)

とすると、基準値「 6 」の倍数 6, 12, 18, 24, ... の中に「 15 」に最も近い数字は 12 と 18 がありますが、切り上げ処理をするので、大きいほうの「 18 」という数字を返してきます。ただし引数の符号が異なっているとエラーになってしまいます。「えー? 何かちょっと不便な感じー」と思ってしまいますねー。そこを改良したのが次に説明する CEILING.MATH関数 なのです。
 

CEILING.MATH関数 指定した値に最も近い「基準値の倍数」に切り上げます

 CEILING.MATH関数 の使い方は CEILING関数とほとんど同じです。

CEILING.MATH(数値,基準値)

と入力すると、 [数値] に最も近い「基準値の倍数」に切り上げた値を返してきます。たとえば

CEILING.MATH(11,5)

とすると、「 5 」の倍数 5, 10, 15, 20, ... の中から「 11 」以上かつ「 11 」に最も近い数字の「 15 」を返します。 CEILING.MATH関数は引数同士の符号が異なっても処理してくれます。

CEILING.MATH(-11,5)

と入力すると、「 5 」の負側の倍数 ... -15, -10, -5 ... の中から「-11 」を超える数のうちで「-11 」に最も近い「-10 」を返します(負の数ですから、-11 < -10 です)。
 

1ダース単位に切り上げます

 商品をケース単位で発注してみましょう。半端な本数であっても必ずケースに入れて仕入れるという状況です。 CEILING関数を使って説明しますけど、負の数を使用しないので、CEILING関数と CEILING.MATH関数のどちらを使っても同じです。下の図のように B 列に商品名、C 列に注文する本数、D 列に 1 ケースに入る本数が予め入力してあって、E 列でケースの数を計算させます。

 エクセルCEILING関数

 たとえば

=CEILING(C3,D3)

と入力すると、 1 ケースあたりの本数 12 の倍数 12, 24, 36, 48, 60 ... の中から、注文本数 52 を超え、なおかつ 52 に最も近い数字 60 を計算することになります。これをさらに 12 で割るとケースの数を得られますね。なのでセル E3 には

=CEILING(C3,D3)/D3

と入力します。あとはこれを E5 までオートフィルして表が完成します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください