当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

Excel の翻訳機能(英和・和英・英英辞典)

今回はExcelの英語辞書の使い方を解説します。
意外と見落とされがちな機能ですけど、英和辞書和英辞書英英辞典と何でも揃っているので、こばとも重宝してます。
 
職業柄、英英辞典は必須ですからね。
え? こばとの職業が何かって? 今さらそれ聞くの?
『あとりえこばと』の経営者兼翻訳ライターですよ。
ITエンジニアじゃありませんよ。念のため。
プログラミングは趣味でやってるだけです。
まあ、とにかく話を続けます。

【Excel 2013】翻訳機能の使い方

Excel の翻訳ツールは [校閲] タブを押して [翻訳] を選択すれば使えるんだけど、ここは一発、辞書を使うときは [Alt] キーを押しながらセルを選択 と覚えてしまいましょう。なんといっても、これが一番楽なのです。とにかく調べたい単語があったら、”[Alt] + クリック” です。

【Excel】英和辞典

まずは英和辞典から。[Alt] キーを押しながらセルをクリックすると、下の図のようなリサーチ画面が現れるので、辞書の種類を「翻訳」にして、翻訳元の言語を英語に、翻訳先の言語を日本語に設定します。
 
Excel翻訳ツール 英和辞典
 
すると下のボックスに発音記号や意味が表示されます。
 
Excel翻訳ツール 発音記号と意味
 
これだけです。とっても簡単ですね。

【Excel】和英辞典

翻訳元の言語を日本語に、翻訳先の言語を英語に設定すると和英辞典として使えます。
 
Excel翻訳ツール 和英辞書

【Excel】英英辞典

最後に「英英辞典」です。Encarta Dictionary という辞書を使うんですけど、おそらくデフォルト(初期設定)では選択できない状態になっていると思うので、使えるように設定します。リサーチ画面の一番下にある [リサーチのオプション] をクリックします。
 
Excel翻訳ツール リサーチのオプション

オプション画面が現れるので、『 Encarta Dictionary:英語(北米)』にチェックを入れておきます。
 
Excel翻訳 Encarta Dictionary
 
画面の上のほうに戻って、辞書の種類から『 Encarta Dictionary:英語(北米)』を選択します。
 
Excel翻訳 英英辞典
 
英単語の意味が英語で説明されますよ。
ちなみに英語の勉強をするときは、英英辞典を積極的に活用することをおすすめします。なんといってもネイティブの専門家が編集しているわけですから、単語の説明も的確だし、用例も自然なのです。皆さんも Excel の Encarta Dictionary をどんどん活用してくださいな。

コメント

  1. あとりえこばと より:

    【AI連載小説】生田目次郎のエクセル奮闘記(8)
    「エクセルの英和辞典」
     
    ある日、次郎はExcel 2013を使用して英和辞典を使いたいと考えました。彼はオフィスで作業中でしたが、英単語の意味や翻訳が分からない時に都度調べる手間を省くため、Excel内で辞典を利用する方法を模索していました。

    次郎:「なんかExcelで英和辞典って使えないかな。都度ウェブサイトに行くのも面倒だし」

    そこで、次郎はオンラインで検索を始めました。彼はExcel 2013での英和辞典の利用方法を調べ、便利な手段を見つけることができるか期待していました。しばらく検索を続けた後、彼は有用な情報を見つけました。

    次郎:「あった、あった! Excelで使える英和辞典のアドインがあるみたいだ」

    彼が見つけた方法は、Excelにアドインを追加することで、シート内で英単語を簡単に翻訳できるものでした。次郎は詳しい手順を確認し、アドインを追加することに決めました。アドインの追加が完了した後、彼はExcelでセルに入力した英単語を選択し、アドインを使って簡単に翻訳できるようになりました。

    次郎:「これなら楽に意味が分かるし、作業もスムーズに進むな」

    次郎は新しく手に入れたExcelの英和辞典機能に満足しながら仕事に戻りました。

タイトルとURLをコピーしました