【Excel】CODE関数・CHAR関数

 CODE関数と CHAR関数は役割が似ていて混同しやすいのですが

・文字を入れて文字コードを返すのが CODE 関数
・文字コードを入れて文字を返すのが CHAR 関数

です。CHAR は CHARACTER (文字、記号) の略語で「キャラクター関数」と読みます。半角英数字は ASCII コード、全角文字日本語は JIS コードに対応しています。

【Excel】CODE関数

 Excel の CODE関数

=CODE("文字列")

と入力して文字列の先頭文字のコードを返します。この関数を使えば知りたい文字コードを取得できます。たとえば

=CODE("あ")

と入れると、9250 が返ってきます。もちろん引数にセル番地を指定することもできます。

【Excel】CHAR関数

 Excel の CHAR関数

=CHAR(コード)

と入力して対応する文字を得ます。

=CHAR(9250)

と入れると全角文字「あ」を返します。

 CODECHAR はとても応用範囲の広い関数です。知りたい文字に対応するコードを得て色々なことができます。その1例として大文字アルファベット A ~ Z をシート上に無作為に表示させることを考えてみましょう。そのためにまず英字「 A 」のコードを調べます。CODE関数を使って

=CODE("A")

と入力すると文字コード 65 を得ます。アルファベットは連番になっているので、「 B, C, D, … 」は「 66, 67, 68, … 」となっているはずです。アルファベットは全部で 26 文字ですから、 65 に 25 を加えた 90 が Z に対応していることになります。念のために CHAR関数で

=CHAR("90")

と調べてみるとちゃんと「 Z 」が返ってきます。65 から 90 までの数字を無作為に表示するには RANDBETWEEN という関数を用いて、

=RANDBETWEEN(65,90)

と入力します。この関数を CHAR関数の中に入れて

=CHAR(RANDBETWEEN(65,90))

とすると、A ~ Z がランダムに出力されることになります。

 Excel無作為アルファベット

Excel VBA
Excel VBA 表計算とプログラミング学習サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました