[Excel] CSV ファイルを作成する方法

Excel のデータを CSV ファイルとして保存します

 今回は Excel で CSV ファイルを作成する方法 について解説します。

 CSV (Comma-Separated Values) とは、カンマ (,) で区切った軽量なテキストファイルのことです(拡張子 .csv がついているファイルです)。

 データ量が大きいと、Excel ファイルのままでは重たいですし、CSV 形式のファイルは Excel 以外でも色々な環境で開くことができるので、作っておいて損はないです。

 たとえば、あるシートに次のようなデータを作成したとしましょう。
 こばとの好きな食べ物ランキングですよ(下図)。

 Excel CSVファイルの作成方法01《順位表》

 え? こんな小さなデータをわざわざ CSV にする必要はない?
 あくまで、例えですからっ!
 とにかく、データを作ったら左上隅の [ファイル] をクリックして、[名前を付けて保存] 画面を開きます。画面の下のほうに次のようなボックスがあります。

 Excel CSVファイルの作成方法03 ファイル名とファイルの種類

 適当なファイル名を入力したあとに、ファイルの種類の中から [CSV(カンマ区切り)] を選択しましょう(下図)。

Excel CSVファイルの作成方法04(CSVカンマ区切り)

 複数のシートがある場合は「選択したファイルの種類は複数のシートを含むブックをサポートしていません。選択しているシートのみを保存する場合は [OK] をクリックしてください」というメッセージが現れるので、そのまま [OK] を押してください。

 これで CSV ファイルの完成です。CSV なのでメモ帳で開けます。出来あがったファイルを右クリックして [プログラムから開く]、[メモ帳] の順に選択してください。次のようなテキストが現れるはずです。

 順位,好きな食べ物
 1,握り寿司
 2,すき焼き
 3,カツカレー

 ただカンマで区切っただけのシンプルなデータですね。大きなデータを扱うときには軽さが本当にありがたいので、ぜひ CSV ファイルを活用してください。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください