[VBA] EndArrowheadstyleで矢印線を描きましょう

 はい! VBA 基本技術のコーナーです!
 今回は Shapes コレクションの AddLine メソッドと EndArrowheadStyle プロパティを使ってワークシートにぴゅーっと矢印を引いてみましょう!

 え? こばとがハイテンション? 何か良いことでもあったのかって?
 良いことないと浮かれちゃいけませんか?
 

AddLineメソッドとEndArrowheadStyleプロパティ

 AddLineメソッドは次のような構文で記述して直線を作成します。

オブジェクト.AddLine(始点X,始点Y,終点X,終点Y)

 そのあと EndArrowheadStyleプロパティで矢印に変えるのです。
 とりあえず簡単なマクロを作って実例を見てみましょう。

'[VBA] 緑色の矢印を描くマクロ

Sub Shape_Arrow()

  With ActiveSheet.Shapes.AddLine(50, 50, 200, 150).Line
    .ForeColor.RGB = vbGreen
    .Weight = 2
    .EndArrowheadStyle = msoArrowheadTriangle
  End With

End Sub

 Shape_Arrow() を実行するとシートに緑色の矢印が現れます。

 AddLineメソッドの始点と終点

 この例では始点を (50, 50), 終点を (200, 150) に設定しています。
 図にあるように、始点も終点もシートの左上を基準にするのです。

.EndArrowheadStyle = msoArrowheadTriangle

という記述で矢印のスタイルを決めています。msoArrowheadTriangle はオーソドックスな三角形を先端にくっつけます。他にも

  msoArrowheadDiamond ひし形(ダイヤモンド)
  msoArrowheadOval 円形
  msoArrowheadOpen 開いた矢印
  msoArrowheadStealth 鋭い矢印

などがあります。msoArrowheadNone とすれば「矢印なし」になるけど、そんなことするぐらいなら最初から矢印にしなければいいので、ほとんど使い道はなさそうです。
 
 今度は好きな範囲を選択して左上から右下に矢印を引いてみます。

'[VBA] 選択範囲の左上から右下に赤い矢印を引くマクロ

Sub Select_Area_Arrow()

  Dim sx As Double, sy As Double
  Dim sw As Double, sh As Double
  Dim endx As Double, endy As Double

  With Selection
    sx = .Left
    sy = .Top
    sw = .Width
    sh = .Height
  End With

  endx = sx + sw
  endy = sy + sh

  With ActiveSheet.Shapes.AddLine(sx, sy, endx, endy).Line
    .ForeColor.RGB = vbRed
    .EndArrowheadStyle = msoArrowheadTriangle
  End With

End Sub

 たとえば B3:D5 というセルを選択した状態にあるとき、マクロに記述された変数は次のような関係になっています。

 VBAのAreaArrow関数の変数

 sx, sy, sw, sh は選択範囲の左上隅の (X, Y) 座標と幅と高さです。
 sx に sw を加えればシートの左上を基準にとった選択範囲右下隅の X 座標 endx が得られます。同様に sy に sh を足せば選択範囲右下隅の Y 座標 endy が得られるのです。
 それではマクロを実行してみましょう。ぽちっとな。

 EndArrowheadStyleで矢印が引かれる

 赤い矢印が引かれましたね。
 
 次はセルの縦幅の真中のところに矢印を引いてみましょう。
 ガントチャートを作るときなどに便利な方法です。
 下の図のように A 列に入力されている数字を矢印に変えるマクロです。

Excel VBA Gant Chart

 あ、そうそう。シートの各セルの高さと幅は全部揃えておいてね。

'[VBA] A列の数字を矢印に変えるマクロ

Sub Gant_Arrow()

  Dim i As Integer
  Dim unitwd As Double, unitht As Double
  Dim wd As Double, ht As Double

  unitwd = Cells(1, 2).Width
  unitht = Cells(1, 2).Height

  For i = 1 To 5
    wd = unitwd * (Cells(i, 1).Value + 1)
    ht = (i - 0.5) * unitht

    With ActiveSheet.Shapes.AddLine(unitwd, ht, wd, ht).Line
      .ForeColor.RGB = vbRed
      .Weight = 2
      .EndArrowheadStyle = msoArrowheadTriangle
    End With
  Next i

End Sub

 unitwd と unitht はセルの幅と高さです。
 これを基準に矢印の終点に指定する wd を決めています。

unitwd * (Cells(i, 1).Value + 1)

 たとえば2行目であれば入力されている数値が 3 なので、

unitwd × (3 + 1) = 4 unitwd

 つまりセル4個分の幅の位置が終点 X 座標になります。
 + 1 としてあるのは、A 列の幅だけ右にずらすからです。

 矢印の始点および終点の Y 座標は

ht = (i - 0.5) * unitht

となっています。たとえば 4 行目であれば、

(4 - 0.5) unitht = 3.5 unitht

という計算になります。0.5 unitht はセルの縦幅の半分です。プログラムを書くときは、このような unit(単位)を定義しておくと色々と便利だし、コードがすっきりと見やすくなりますよ。


 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)