Excel のエラー値 #DIV/0!、#N/A、#NAME?、#NULL!、#NUM!、#REF!、#VALUE!

 こばと、エラー表示は大嫌いです。
 かちゃかちゃと頑張って入力している途中で #NAME? とか表示されると、「はああ。間違えましたよー」と溜息吐きますね。エラー表示が好きな人なんていないと思いますけど、どんな種類のエラーなのか知っておかないと対処しようがありませんから1度は目を通しておきましょう。
 

エラー値の種類

#DIV/0!:Division by 0

 #DIV/0! は数式で 0 による割り算が含まれていた場合に表示されます。俗に言う「ゼロ割」というやつですね。たとえばセルに

=10/0

などと入力すると #DIV/0! と表示されます。また、セルA1 に値が入っていて、セルB1 が空白であるときに

=A1/B1

としても #DIV/0! です。
 

#N/A:No value available

 #N/A は使用できない数値であることを告げています。
 つまり、値が数式あるいは関数に関して無効であることを警告しています。
 たとえば最も頻繁に出現している数値を返す MODE という関数があります。

=MODE(1,2,2,3,4)

とすれば「 2 」を返すのですが、

=MODE(1,2,3,4,5)

とすると、どの数も1つずつなので返しようがありません。こういうときに #N/A が表示されます。
 

#NAME?:Unrecognized name

 #NAME は「認識できない名前」です。
 たとえば掛け算をしようと思って

=PRODUCT(2,3)

と入力するつもりで、

=PLODACT(2,3)

と綴りを間違えて入力してしまうと「はあ? 何それ?」みたいな感じで「 #NAME? 」と警告されます。頭に来ちゃいますね。エクセルがもっと進化すると( Excel 2050 ぐらい?)、気を利かせて綴り間違いを直してくれるようになるかもしれないから、それまで我慢しましょう。
 

#NULL!:Null intersection

 null は数学用語で「集合が空である」という意味です。なぜか「ヌル」という妙な読み方が巷に広まっていますけど「ナル」が正しい発音です。intersection は「共通部分」です。なので、#NULL は「(集合に)共通部分がないよ」と警告しているのです。使用する機会は少ないですけど(なので別に覚える必要もないのですが)、たとえば数値を合計する SUM 関数ではセル範囲を

=SUM(F1:G3 G1:G2)

というように複数範囲を半角スペースを開けて指定できます。するとその範囲同士の共通部分について和をとります。上の例では G1 : G2 が共通部分なので、この2つのセルについて合計します。ところが

=SUM(D1:D4 H1:H4)

のように全く重ならない範囲を指定してしまうと「共通するセルがないよ!?」てことで #NULL! を返してきます。このように参照されるセルが存在しない場合に表示されるエラーメッセージです。
 

#NUM!:An invalid number

 invalid は「無効の」という意味の単語です。つまり #NUM は「使用できない数値が指定されています」という警告文です。たとえば数値の常用対数を返す LOG10 関数は真数条件によって引数に負の値を指定することはできません。なので

=LOG10(-5)

のような書き方をすると「そんな数値で計算できるわけないじゃん」てことで #NUM! と返ってきます。
 

#REF!:A reference to a cell that does not exist

 #REF! は「存在しないセルを参照しています」という警告です。
 「へいへいほ~」のような、ありえないセル番地を書き込むと発生するエラーです。
 

#VALUE!:Wrong type value

 #VALUE は引数や演算子のデータ型が正しくないときに表示されます。
 たとえば演算子「 + 」を使って

="あ"+"い"

と書いても、文字同士は足し算できないので #VALUE! と表示されてしまいます。論理値が必要なところに文字列が指定されていたり、1つの引数を指定するところにセル範囲が設定されている場合にも #VALUE! が表示されます。

≫ エクセル関数辞典メニューページ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください