DATEIF 関数で生年月日から年齢を計算します

Excel で年齢を当てちゃいますよ

涼音さんのお年は?

こばと
 涼音さんのお年はおいくつですかー?

城戸涼音
 25 ですけど?

こばと
 あっさり答えましたねー。若さの余裕ですかねー。
 同じ質問をマリちゃんにしたら怒鳴られますよー。

涼音
 もうこれ以上真理さんを怒らせないでくださいよ。

こばと
 今日はもう仕事が終わったので、堂々とブログの収録ができますよー。

涼音
 もう 21 時ですよ。私、早く帰りたいんですけど。

木下達郎
 何で俺まで ......

こばと
 いえ、思ったんですけどね、大学の工学部で学んでいて VBA まで使いこなす木下君がいてくれたら、いざというときに役立つかもしれないと思ったんです。あ、普段は黙ってくれてていいですよ。涼音さんの出番が少なくなると読者が減ってしまうので。涼音さんが答えられないような時だけこっそりアドバイスしてくれたらいいんです。

達郎
 ・・・・・・・・・
 

DATEDIF 関数

こばと
 それじゃあ始めましょうか。今回は「生年月日から年齢を計算してみたいなー」というテーマです。どうやったら年齢がわかるのかなー?

涼音
 セルに生年月日を入力したあと DATEDIF 関数で計算させればいいんです。

こばと
 まだでしょー!
 これから図を出してゆっくり丁寧に説明するんでしょー!
 勝手に進めないでくださいなー!

涼音
 はいはい。B5 セルに私の誕生日を

1990/10/3

と入力して別のセルに

=datedif(b5,today(),"y")

と入れます。

涼音の年齢

こばと
 何と! 涼音さんの年齢が表示されましたね!
 あれ? 涼音さんは 10 月生まれでしたっけ?

涼音
 あくまで架空の誕生日ですよ。個人情報なので。

こばと
 さすが涼音さん。しっかりしてますねー。

涼音
 DATEDIF は "date difference" 、つまり「日付の差分」の略で、引数に指定した2つの年月日の差を求めるんです。3つめの引数はどういう単位で表示させるかを指定します。今の例では "y" として年数表示させました。経過月数を知りたければ "M" を、日数で表示させたいときは "D" を入れます。
 

関数ライブラリにありませんよ?

こばと
 でもこれ、関数を直接入力しないといけないんですか?
 関数ライブラリに入っていないんですかー?

涼音
 不思議と入っていないんです。理由はよくわからないけど。

こばと
 なぜでしょうねー。こほん。

涼音
 ・・・・・・・・・

こばと
 こほん、こほん。木下君、こほん。

達郎
 こばとさん、風邪ですか?

こばと
 違うでしょ! こういうときは気をきかせてアドバイスをくださいなって、さっき言ったでしょー!

達郎
 それならそう言ってくださいよ。ええと、この DATEDIF は Lotus 1-2-3 という別の表計算ソフトとの互換させるために用意された特別な関数なんです。だからライブラリには入ってないんすよ。

こばと
 なるほどー。勉強になりますねー。

達郎
 こばとさんだって知ってたでしょ?

こばと
 いえ。これは本当に知らなかった。
 

YEARFRAC 関数

達郎
 実はライブラリにも DATEDIF とよく似た関数があるんすよ。 YEARFRAC という関数なんすけね。でもちょっと表示が鬱陶しくて ...... 試してみましょうか。引数は3つ用意されてるんすけど、年を求めたいときは3つめは省略して、

=yearfrac(b5,today())

て感じで入れるんすよ。そうするとほら ......

小数点

こばと
 あー、うしろに小数点がくっついてますねー。

達郎
 うざいでしょ? 小数点以下は「何ヶ月何日」てことを意味してるんすけど、この部分を取り除くには小数点を切り捨てる TRUNC などの関数を使って

=trunc(yearfrac(b5,today()))

と入れなきゃいけないんすよ。経過年数だけを知りたいときはやっぱ DATEDIF が便利っすね。

こばと
 やっぱり木下君を残しておいて正解ですねー。
 次回もまたお願いしますよ。

達郎
 お断りっす。仕事終わったら早く帰りたいんで。

こばと
 きい! アルバイトのくせに社長の命令に背くとは生意気ですねー!

涼音
 木下君は大学の課題とかで忙しいんですから。
 あんまりブラックなことばかりやってると、真理さんに言いつけますよ?

こばと
 え?

涼音
 終業時間が過ぎても違法にアルバイトを拘束してるって。

こばと
 ...... ごめんなさい。マリちゃんには言わないでください。
 もうしません。木下君、今日はどうもありがとう。お帰りくださいな。

達郎
 ういーっす。そんじゃ、また来週。

<次回に続く>

Google広告
スポンサーリンク
スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください