[VBA] スクロールしてもフォームが消えないように設定します

「これからたくさんのマクロを作って、もっと効率よく仕事しちゃおう」と思っておられる皆さん、ちょっとお待ちくださいなー。せっかくですから、マクロの起動ボタンをメニューのように並べて、好きな時にボタンをぽちっと押して、ぱぱっとマクロが使えちゃう、そんな「マクロなワークシート」作り変えてみませんか?
 

マクロのフォームがどこかに消えちゃう?

 せっかくマクロのフォームボタンを作っても、画面を下にスクロールしてしまうと、フォームは上に残ったままですから、いざ「よし! 今こそマクロ実行! ぽちっとな!」と思っても、わざわざ上までスクロールしなおして、「うぎー! 面倒くさい!」ということになってしまいます。「これならいっそ、開発タブからマクロを選択したほうが早いわい」と思ってしまいます。そんなイライラを解消するために、「こばとすぺしゃるワークシート」を作っておきましょう。
 

ウィンドウズ枠を固定します

 やり方はちっとも難しくありません。とっても簡単です。
 まずは下の図を見てくださいな。 Excel に慣れた人なら、この図だけで「ああ、なるほどね」と理解できると思います。

 vba枠固定

 一応説明しておきますよ。まず分割される画面の左上端となるセルをクリックします。それから「表示タブ」から「ウィンドウ枠の固定」を選択すると、3つのメニューが現れるので、その中から「ウィンドウ枠の固定」をクリックです。
 すると2本の線が現れてシートが4つに分割されます。そしてこの固定されたウィンドウにマクロフォームを並べて、試しに画面を下のほうにスクロールしてみると ......

 VBAフォームを並べる

 なんと! 上側のマクロフォームそのまま残ります!(ちょっと大げさ)
 同じようにに右側にスクロールすると、左端の A 列がそのまま残りますよ。
 これで、いつでも好きなときにぽちっとできる、「こばとすぺしゃるワークシート」が完成しました! これから、どれだけマクロが増えても大丈夫! 上がいっぱいになっても、左の A 列に並べていけば大丈夫!

 これで準備万端です。これから「事務員さんのための Excel VBA の技術」を思う存分読んで、たくさんのマクロを作ってくださいなー。
 

フォームを小さくすれば ......

 少しだけ補足です。「ウィンドウ枠の固定」を選択して3つのメニューが現れたあとに、「先頭行の固定」を選んでもいいですよ。その場合は行の高さを大きく設定して、マクロフォームが入るようにするか、あるいはマクロフォームそのものを、うんと小っちゃくしてくださいな(小さすぎて文字が見えにくいかもしれないけどね ...... )。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください