【Excel】LOWER, UPPER, PROPER関数

 アルファベットの全角・半角文字に適用する Excel 関数について解説します。LOWER はすべて小文字に、UPPER はすべて大文字に、PROPER は先頭文字を大文字に変えます。

【Excel】LOWER 関数

 Excel の LOWER 関数 は文字列中に含まれる全角および半角のアルファベットをすべて
小文字に変換します。lower とは「下げる、落とす」という意味です。英字専用の関数であり、ひらがなや漢字などには適用されません。

=LOWER("Zは26番目のアルファベットです")

と入力すると、英字の Z のみが小文字 z に変換されて「zは26番目のアルファベットです」となります。

【Excel】UPPER 関数

 Excel の UPPER 関数 は文字列中に含まれる全角・半角アルファベットをすべて大文字に変換します。upper は「上げる」という意味の単語です。これも英字専用の関数なので、ひらがなや漢字、数値などを受け取ってもそのまま返すだけです。たとえば、

=UPPER("kobatoはエクセルマスターです")

と入れると、英字の “kobato” が大文字に変換されて「KOBATOはエクセルマスターです」という文字列が返ります。

【Excel】PROPER 関数

 Excel の PROPER 関数 は文字列中に含まれる英単語の先頭文字だけ大文字に変えます。proper とは「適切に」という意味の言葉です。空白部分で区切られた文字列は全て単語とみなされます。

=PROPER("mariko osakabe")

と入れると文字列先頭の m と空白の次にある o を大文字にして「Mariko Osakabe」を返します。

 LOWER大文字小文字変換

Excel VBA
Excel VBA 表計算とプログラミング学習サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました