PHONETIC関数 フリガナを取り出します

 エクセルではキーボードで直接漢字を入力した場合は、その変換記録がフリガナとして残されています。そのフリガナを別のセルに取り出すのが PHONETIC関数 ですよ。え? 「こばとちゃんの名前にはフリガナがないね」ですってー? ききい! 残念でした! エクセルでは平仮名にもフリガナ情報がついているのです!
 

PHONETIC関数

 PHONETIC関数 は引数として参照セルのみ指定できます。

=PHONETIC(参照)

 参照セルにあるデータがフリガナ情報を含んだ漢字であれば、そのフリガナを返し、( Web のデータをコピーするなどして ) フリガナ情報のない漢字はそのままの字を返します。またひらがな・カタカナは [ふりがな設定] が [ひらがな] になっていればひらがなを、 [全角カタカナ] あるいは [半角カタカナ] のときは全角/半角のカタカナを返します( [ふりがな設定] に関しては記事の後半を参照してください)。たとえば下図のようにキーボードで氏名を入力した場合を考えます。

 PHONETIC関数

 C3 に「 = PHONETIC(B3) 」と入力して C7 までオートフィルすると ......

 フリガナが表示された

 フリガナが取り出されましたね! 
 

「フリガナ」を「ふりがな」に

 フリガナを平仮名で取り出したい場合は、元のフリガナ表示設定を変更します。

 ふりがな表示非表示

 図のようにセル B2 を選択した状態で、 [ホーム] ⇒ [ふりがなの表示/非表示] ⇒ [ふりがなの設定] をクリックします。

 ひらがなにチェック

 すると [ふりがなの設定画面] が現れるので、 [ひらがな] にチェックを入れましょう。すると ......

 ふりがなが平仮名

 フリガナがひらがなに変わりましたね!
 あとは C7 までオートフィルしておきましょう。

 ⇒ エクセル関数辞典トップページ

Google広告
スポンサーリンク
スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください