【Excel】ROMAN関数とARABIC関数の使い方

 ローマ数字 って読みにくいですよね。
「Ⅵ は 4 だっけ、6 だっけ?」
と悩んだりすることありませんか? これがもっと大きな数字になるともう大変です。たとえば 923 をローマ数字に直しなさいと言われても、ほとんどの人は「???」となってしまうはずです(正解は CMXXIII )。でも、ROMAN 関数を使うと、好きな数字をローマ数字に変換してくれるのです。ARABIC 関数はその逆でローマ数字をアラビア数字に変換してくれます。便利ですね。記事の最後に正式なローマ字表記についての簡単な解説も添えておきます。

【Excel】ROMAN関数

 Excel の ROMAN関数 を使うときは

=ROMAN(数値[,書式])

という形で記述します。1つめの引数には 1 ~ 3999 の数値を指定することができます。2つめの引数には 0 ~ 4 の数値を指定しますが、0 を入れると正式な表記、1 から順次数値が大きくなるにしたがって簡略化した表記を返します。2つめの引数を省略すると 0 を指定したものとみなされます。

=ROMAN(1)

と入れると「 Ⅰ 」が返されます。

=ROMAN(6)

なら「 Ⅵ 」です。

=ROMAN(15)

とすれば「 XV 」が返ります。

=ROMAN(1294)

と入力すると「 MCCXCIV 」が返ってきます。

【Excel】ARABIC関数

 エクセルの ARABIC 関数 はローマ数字をアラビア数字に変換します。たとえば、

=ARABIC("X")

と入力するとアラビア数字「 10 」が返ります。

=ARABIC("XXXVII")

と入力すると、アラビア数字「 37 」が返ります。ARABIC関数が受け取る引数は文字列なので、ダブルクォーテーションを忘れないようにしてください。

=ARABIC(XXXVII)

のように入力しても #NAME? エラーが返ります。

ローマ数字の表記法

 ローマ数字では、

1 = Ⅰ, 5 = Ⅴ, 10 = Ⅹ, 50 = L, 100 = C, 500 = D, 1000 = M

という記号で表すように定められています。上位の数字の左側に下位の数字がつくときは、上位から下位の数字を引き算します。たとえば Ⅸ は 10 = Ⅹ から 1 = Ⅰ を引いて 9 となります。大きな数字を見てみましょう。たとえば 528 であれば、D が1つ、Ⅹが2つ、Ⅴが1つ、Ⅰが3つなので、

DXXVIII

と表記されることになります。3079 であれば

MMMLXXIX

となります。やっぱりどう考えたってアラビア数字のほうが便利ですよね。古代ローマ人は足し算ひとつにも大変な苦労していたのかもしれません。

Excel VBA
Excel VBA 表計算とプログラミング学習サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました